« 2015年中学入試話題校【16】早稲田高等学院 自由と自律 | トップページ | 2015年中学入試話題校【18】富士見丘 大きく変われる女子校 »

2015年中学入試話題校【17】共立女子リベラルアーツの殿堂

☆首都圏で最大規模の共立女子。中学受験市場低迷にもかかわらず、人気は健在。

Photo
首都圏模試センター「統一模試・志望校別度数分布表」から志望者総数推移を作成

☆米国でこんなことが証明された。ハーバード大学のようなリベラルアーツベースの大学卒業時の社会人と、IT関連のエンジニア大学の卒業時の社会人の給料を比較したら、圧倒的にエンジニア系の実用的な技術を獲得した人材の方が給料が高い。

☆ところが40代前後から、リベラルアーツベースの大学を卒業した人材の方が給料が高くなり追い抜いてしまうというのである。

☆目先のスキルより普遍的な教養の人材の必要性を訴求する話であるが、このことは共立女子にも当てはまる。特に今後女性が社会に進出するとき、技術力も大切であるが、短期思考で働かざるを得ない男性の見逃している大局的で寛容な領域は女性が力を発揮することになろう。

☆つまり、共立女子のようなリベラルアーツ教育を土台としている女子こそ、日本をいや世界を救うのである。

Dsc06871
(共立の写真部は部員も多いし、コンクールで優秀賞も多数獲得)

Dsc08167
(バトン部の華麗なる力強さは圧巻)

Dsc08369
(中高生とは思えない流麗なダンス)

Dsc08409
(ダンス部のファンタジーの世界に引き込まれた共立講堂)

Dsc07180
(能楽まで存在する女子校はほかにあるだろうか)

Dsc08879
(イベントは吹奏楽ではじまり吹奏楽で終わる)

Dsc08693
(オーケストラ部の弦の響きのある女子校も少ない)

Dsc06855
(共立女子のリベラルアーツのすべての源泉は、中学時代の読書と作文の学び)

Dsc06832
(フィールドワークという体験もリベラルアーツには欠かせない)

Dsc06682

(リケジョのウシガエルの解剖に、訪れた人は釘付けになった)

Dsc06820
(教科横断的な特別教養講座こそリベラルアーツをアクティブラーニングに転換する活動)

|

« 2015年中学入試話題校【16】早稲田高等学院 自由と自律 | トップページ | 2015年中学入試話題校【18】富士見丘 大きく変われる女子校 »

中学入試」カテゴリの記事