« 2015年中学入試話題校【53】富士見丘 協働的自己創造システムの拡張 | トップページ | 2016首都圏私学選択リサーチ【01】分析準備のために(1) »

2015首都圏中学入試【01】 土浦日本大学中等教育学校 明日から首都圏中学入試本格スタート!

☆すでに、12月から、首都圏の中学入試は、始まっている。しかし、帰国生入試や推薦入試で、一般受験は明日6日(月)の土浦日本大学中等教育学校から始まる。

☆首都圏中学入試が本格スタートすることになる。

Tng

☆午前中は、一般入試で、第1試験会場は、土浦日本大学中等教育学校、第2試験会場は取手福祉会館と多くの受験生にチャンスを開いている。

☆また、午後は、土浦日本大学中等教育学校で、SAT入試を実施。試験内容は、二つのタイプの教科融合型の入試--SATⅠ型(算数・理科の総合型)・SATⅡ型(国語・社会の総合型)--とグループ面接。

☆公立中高一貫校の適性検査にも対応できる思考力型テスト。

☆2020年大学入試改革が実施される動きは、広く知れ渡っているが、実際にそれに対応できる学校はまだまだ少ない。

☆その点、同校は開設当初から、ハイレベル英語教育、ディベートを中心とするアクティブラーンニグを通して多角的で柔軟な思考力を育成する教育を先行的に実施してきた。

☆メディアは、さかんに2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けてどのように教育が変わるのか、2035年、2035年には未来はどうなっているのか報道番組を流している。

☆時代の要請に対応できる数少ない学校の1つである土浦日本大学中等教育学校から、2015年首都圏中学入試が始まるのは、たいへん意義深い。

☆体調を整えて、集中力と突破力を発揮してほしい。最後まであきらめずに解ききるスタミナも大切。がんばれ、中学受験生!

|

« 2015年中学入試話題校【53】富士見丘 協働的自己創造システムの拡張 | トップページ | 2016首都圏私学選択リサーチ【01】分析準備のために(1) »

中学入試」カテゴリの記事