« 2015首都圏中学入試【18】 共立女子 俊敏なリスクマネジメント(3) | トップページ | 福岡・宗像に小中一貫校「志明館」開設計画 »

2015首都圏中学入試【19】 神奈川エリア 出願伸び悩む 私学サバイバル入試に突入か

☆明日20日(火)、東京エリアの私立中学の出願が開始する。神奈川エリアは一足先に出願しているが、今のところその数は伸び悩んでいる。

☆先週土曜日、栄光は出願を締め切ったが、初日出願の勢いは続かなかった。

718名(2013年)→669名(2014年)→666名(2015年)

☆そのような中で、好調なのは、桐光学園男子部、SGH指定校の公文国際。

☆女子校で、サンデーショックをサンデーハッピーに変えた学校は、フェリス、横浜共立、横浜雙葉、清泉、日本女子大附属、カリタスが顕著。

☆サンデーショックではなく、青山係属校化インパクトで神奈川エリアで1人勝ちの様相を呈しているのは横浜英和。

☆こうしてみると、偏差値格差というより、新しい教育なり新戦略なりをアピールできた学校とそうでない学校の差異が明確になったといえそうだ。2015年中学入試の特色は私学サバイバル入試といえる。

|

« 2015首都圏中学入試【18】 共立女子 俊敏なリスクマネジメント(3) | トップページ | 福岡・宗像に小中一貫校「志明館」開設計画 »

中学入試」カテゴリの記事