« 2015首都圏中学入試【01】 土浦日本大学中等教育学校 明日から首都圏中学入試本格スタート! | トップページ | 2016首都圏私学選択リサーチ【02】分析準備のために(2) »

2016首都圏私学選択リサーチ【01】分析準備のために(1)

☆2015年首都圏中学入試が、本格的にスタートした。同時に、2016年首都圏私学選択のためのリサーチをしたい。というのも、今年が大学入試改革一体型の学習指導要領改訂作業本格化のスタートでもあり、新しい学びのビックバンの年であるからである。

Dsc03007
(≪私学の系譜≫のルーツ麻布)

☆ということは、新しい学びのビッグバンは、学校を変えることになり、従来の学校選択基準は、もはや完全に役に立たない時代を迎えたことになるのだ。

☆では新しい学校選択基準はどのようにつくればよいのか?そのための準備を2015年首都圏中学入試を分析しながら行っていきたいのだが、≪新しい学びのビッグバン≫という教育の論理によって、学校がいかに変わるのかという実態をフィールドワークしつつ解き明かしていくのが、リサーチの王道だろう。

☆つまり、

1)≪新しい学びのビッグバン≫:新しい学びのビッグバンはどのように生まれているのか?

2)≪新学校進化論≫:新しい学びのビッグバンによっていかに学校は変わっているのか?

☆という教育の論理と経営の倫理の両側面に問いを立ち上げるところから出発したい。

☆すべての学校を1年間でリサーチすることはできないので、ロールモデルとして、

すでに進化が始まっている21会校

及び

それ以外にも1世紀型教育を推進している「希望の私学」 (首都圏模試センター)

を中心に考えていこうと思う。

☆もちろん、21会校と希望の私学は、21世紀型教育を推進しているから当然重なるわけだが。

|

« 2015首都圏中学入試【01】 土浦日本大学中等教育学校 明日から首都圏中学入試本格スタート! | トップページ | 2016首都圏私学選択リサーチ【02】分析準備のために(2) »

中学入試」カテゴリの記事