« 2016首都圏私学選択リサーチ【01】分析準備のために(1) | トップページ | 2016首都圏私学選択リサーチ【03】分析準備のために(3) 恵泉の場合 »

2016首都圏私学選択リサーチ【02】分析準備のために(2)

☆≪新しい学びのビッグバン≫とは、2020年大学入試改革一体型の学習指導要領改訂にも反映している。すでに世界中で、21世紀型教育=ハイレベル英語×アクティブラーニング×ICTという方程式が活用されている。

Dsc03013
(≪私学の系譜≫の第一世代江原素六:麻布の創設者)

☆それはビッグバンの兆し。一気にビッグバンになるには、21世紀型教育=ハイレベル英語×アクティブラーニング×ICT=C1英語×PIL・PBL×プログラミング=思考コード=知のコードという等式が形式知化されることが必要ではある。

☆今のところまだレトリックというかスローガンというか入り口には入り込んで、実践が進んでいる段階。今後はそれがICTの登場で、プログラミング化されシステム化されていくだろう。思考コードは一部がAIによって計算されるようにもなるだろう。

☆そして、最終的には「知のコード」だけが人間に残された判断能力となるのかもしれないと予想している。この「知のコード」こそ、富裕税とは異なる方法としての新しい学びのビッグバンによる知のフラット化。

☆このシリーズでは、まだ「知のコード」までは達していないので、そこに到るまでのプロセス段階としての「思考コード」を活用していく。

Photo
☆たとえば、麻布の中学入試問題は、上記の「思考コード」でアナログ的に分析していくと、

・知識のインプットは多少ある。

・4つのポジションのうち、「共生主義」に立脚して問題は作成されている。4つのポジションとは「共生主義」「公正主義」「本質主義」「合理主義」詳しくはいずれ。

・6つの前提視点のうち「科学的視点」「社会科学的視点」「哲学的視点」が活用されている。6つの前提視点とは「科学的視点」「IT工学的視点」「社会科学的視点」「人文科学的視点」「心理学的視点」「哲学的視点」。詳しくはいずれまた。といってもこれは一般的な意味合い。

・形式知化では、解答方法から、どの教科も「形式知」「誤認知」「潜在知」まで読み取れるようになっている。開成だと、算数のみがここまで見ることができるが、他教科では「潜在知」は読み取れない。「形式知化」のこの3つのフェーズについてはいずれまた。

・関係視点では、4つの関係すべての視点が要求される。たとえば、豊島岡女子だと置換関係だけしか要求されない。置換関係とは問いを端的にトッピクフレーズで置き換えることを意味している。「~なぜですか」というのは一見因果関係を問いかけているようだが、端的に「Aだから」と解答するのであれば、置き換えているに過ぎない。Aだからと考えたのはなぜか?と問うて初めて「因果関係」の視点が稼働する。

・思考領域では、「知識思考」「理解思考」「思考思考」「突破思考」すべての広がり深さを要求してくるのが麻布の問題である。吉祥女子などの問題では、「理解思考」だけ。あとは知のインプットの多寡をみるだけだ。4つの思考領域についてはいずれ説明したい。

☆この「思考コード」は、実際にはスコア化され、評価表となって出てくる(開発中。SP表はエクセルでできているが)。21会校では、入試でも「思考力テスト」を行っているが、入試問題は学校の顔であるから、そのエッセンスは実際には授業に反映していなければならない。

☆ちょうど2020年大学入試改革もあるし、それよりも英米を中心とする世界大学ランキング100位以内の大学の進路を考えているため、そのような大学で探究・研究活動ができる思考力を21会校が養成するためのリサーチとして「21kai思考力テスト」を高校生に協力してもらった。

※海外の大学は、大学に進んで探究・研究活動ができる能力やスキル、モチベーションがあるかどうかを評価することが、日本で言う大学入試の趣旨である。

☆そのテストに回答してもらった記述(思考力テストは8問で、すべて記述)を分析して上記図のような「思考コード」を抽出した。なお、この「21kai思考力テスト」では、「知識思考」は出題するが、知識のインプットの多寡を問う知識問題は一切出題していない。もはやそこを問う問題は、アプリがいっぱい作成されているので、それはそちらに今のところお任せするという趣旨。

☆将来的には優れた「知識インプットアプリ」が開発されれば、それと思考コードは連動する。

☆もっとも、そこまでくると思考アシストAIロボットが出現して、新「新学校進化論」にぶっとんでしまうから、ホーキング博士に叱られてしまう。それは考えものだろう・・・。

|

« 2016首都圏私学選択リサーチ【01】分析準備のために(1) | トップページ | 2016首都圏私学選択リサーチ【03】分析準備のために(3) 恵泉の場合 »

中学入試」カテゴリの記事