« 2015首都圏中学入試【64】 JG サンデーショックの震源地 本日2日入試! | トップページ | 2015首都圏中学入試【66】 大手塾の合格実績公開され始める »

2015首都圏中学入試【65】 本日 国立・公立中高一貫校入試

☆2月3日(火)本日、東京エリアの国立大学附属中学校と公立中高一貫校の入試が行われる。一部まだ公開されていないが、国立中学の出願者数は前年度対比86.7%。公立中高一貫校は、前年度対比81.5%と減少。

☆その原因は、少子高齢化や景気の低迷ではないだろう。本来どちらも教育実験校で、モデルをつくりそれを公立学校に広め、日本全体の教育の質を底上げしていくのが使命のはずが、東大をはじめとする難関大学進学重点校化してしまった。

☆そのため、New Powerの家庭の受験生が新たなSGHやIBなどのグローバル教育や21世紀型教育に舵をきっている学校に目が向き始めたのかもしれない。

☆しかしながら、特に国立中は、アクティブラーニングなどグローバル教育のベースになる授業を展開しているところが多く。やはり家計は助かることに変わりはない。

☆したがって、Old Powerの層にとっては、便益性が高い。それでいて、大学合格エリート校なのだから、魅力的なはずだ。

☆にもかかわらず、減少しているというのは、価値観の多様性と学校選択の多様性がシンクロし始めているのかもしれない。

☆端的に言うと、実利が何であるか、その中身が変わってきたのかもしれない。

|

« 2015首都圏中学入試【64】 JG サンデーショックの震源地 本日2日入試! | トップページ | 2015首都圏中学入試【66】 大手塾の合格実績公開され始める »

中学入試」カテゴリの記事