« 2015首都圏中学入試【75】 大手塾の合格実績2月5日11時現在 | トップページ | 2015首都圏中学入試【76】 筑駒か開成か?② »

2015首都圏中学入試【76】 筑駒か開成か?①

☆今朝、本ブログの「リアルタイム足あと」を見ると、昨年の記事「2014中学受験【010】 筑駒と開成の違い」にアクセスする方が結構いる。

☆本日雪の中筑駒の合格発表があるから、おちつかずに「筑駒」を入力してサーチしている方や、筑駒と開成の両方合格したら、どちらにしようか迷っている方とかがアクセスしているのだろう。

Photo_3

☆筑駒と開成の違いについて、私の考えは前述のものと変わらない。どちらにするかは、それこそ私事の自己決定。あっしには関わりのねぇことでござんす^^)。

☆ただ、入試問題は学校の顔であるから、比べてみると、筑駒の方が軽くて深い。それに創造性までみようという意欲がみられる。

Taxonomy

☆今年の筑駒の理科の一問目。いきなりおもしろい。記号形式だけれど、おたまじゃくしからかえるに変態するプロセスを考える問題。粋である。

☆しっぽが、泳ぐバランスであり、成長のエネルギーでもあるわけだから、バランスをとりながら成長していく過程で、エネルギーの変化が起こるわけである。

☆進化論だとかいろいろあるだろうが、知識なくして、体験をメタ認知すればわかるようになっている。

Photo_4

☆社会の問題も、いきなりJリーグの素材からはじまる。しかし、アントレプレナーシップの問題もちゃんとあって、時代をとらえている。企画をする際に、インフラ、資金調達の要素を盛り込めるかどうかだが、大人にとっては簡単だが、受験生にとっては難しい。ただ、筑駒合格者は、起業家精神旺盛だから、つまり挑戦・創造・貢献がモットーだから、こういうのも楽々クリアするのだろう。

☆リンゴが落ちるの見て、月が地球の周りをまわる原理を見通すという自然科学的な発想がシンプルにあるのが筑駒だ。

|

« 2015首都圏中学入試【75】 大手塾の合格実績2月5日11時現在 | トップページ | 2015首都圏中学入試【76】 筑駒か開成か?② »

中学入試」カテゴリの記事