« 2015首都圏中学入試【77】 大手塾の合格実績2月6日9時30分現在 | トップページ | 2015首都圏中学入試【79】 桐朋と攻玉社 »

2015首都圏中学入試【78】 人気校ベスト20

☆今年の中学入試で、注目された学校はどこだろう。複数回入試を実施しているところがほとんどdから、各回別に出願数100人以上集めた入試タイプのリストで、前年度対比多い順で並べて、20位まで抽出してみた。共学校、女子校、男子校別で(データは日能研倍率速報あら加工)。

15

15_2
15_3

☆もちろん、例年通り集めているところは、前年度対比はそれほど上がらないから、上記リストに顔を出さないが、定員を見たし、偏差値の高い生徒が手続し、順風満帆という学校もある。

☆人気というより、持続可能性を達した学校であり、それを見つけるのはまたいずれ。

☆さて、この共学校、女子校、男子校のリストをみて気づくのは、共学校は21世紀型教育を行っているところが圧倒的に人気が出ている。

☆女子校は、サンデーショックを巧みに利用できた老舗の学校が波に乗った。その中で、玉川聖学院のみ、普遍的で寛容な心の教育で人気がでている。100人以上集めてはいないが、前年度対比で増えている学校では、文化学園大学杉並、富士見丘が健闘している。

☆男子校は、圧倒的に進学重視校が人気を集めている。その中で聖学院のみが、21世紀型教育の実践かつ大学合格実績を伸ばして高い人気を昨年に引き続き誇っている。

☆もっとも、聖学院以外は、20世紀型教育の道を行っているから、男子校受験生の中にも、21世紀型教育に注目するグループがでてきたということ。

☆前回、いわゆる御三家、フェリス、駒東は、大手3塾が独占しているから、そこはカッコにいれて、新たに中学受験市場を脱構築したほうがよいと述べたが、このリストの傾向そのヒントがあるといえよう。


|

« 2015首都圏中学入試【77】 大手塾の合格実績2月6日9時30分現在 | トップページ | 2015首都圏中学入試【79】 桐朋と攻玉社 »

中学入試」カテゴリの記事