« 今後首都圏中学入試は、ミレニアル世代の子弟が受験生になる | トップページ | 新6年生のために(02) 2020年大学入試改革以降の風景 »

2015首都圏中学入試【89】 大手塾の合格実績2月12日20時現在

☆昨日11日、男子御三家と筑駒、栄光などが同日招集日。繰り上がり合格の大きな動きは、そろそろ終わり、各校歩留り率が確定する頃だろう。

表1

150212

☆表1は本日12日20時現在判明分で、10日にまとめた表と比較すると63人が動いている。

☆結果的に大きく動いたのは、開成、駒東で、筑駒と併願で動く同質の価値観がこの両校にはあるということだろう。

☆女子校はここにきてまだJGが10人動いている。桜蔭の初日合格者の発表が、それほど多くなかったので、桜蔭に引っ張られることになったのだろう。

☆いずれにしても、各校招集日がほぼ終了しているから、今後は入学準備、そして2016年中学入試に向けて私立学校は動き出す。同時に高校入試、大学入試も動く。

☆受験列島日本は、まだまだ続く。

|

« 今後首都圏中学入試は、ミレニアル世代の子弟が受験生になる | トップページ | 新6年生のために(02) 2020年大学入試改革以降の風景 »

中学入試」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今後首都圏中学入試は、ミレニアル世代の子弟が受験生になる | トップページ | 新6年生のために(02) 2020年大学入試改革以降の風景 »