« 2015首都圏中学入試【91】 大手塾の合格実績2月13日18時現在 | トップページ | 新6年生のために(05) 変わる中学受験市場 SGTを探せ! »

新6年生のために(04) 大妻中野 真正グローバル教育宣言!

☆大妻中野は、「妻中便り」2013年2月13日で、「大妻中野中学校に合格した皆さん・ 大妻中野中学校を志望する皆さん」というタイトルのメッセージ記事を公開。わかりやすく語りかけているが、これは、どこよりも真正グローバル教育を行っているし、もっと強化するという宣言文である。

Photo

☆2月9日は新入生のガイダンスだった。会場は多くの新入生で満開。入試広報部主幹諸橋隆男先生によると、「例年になく辞退者が少なく、というよりもほぼないのです」と同校の教育の質の手ごたえを感じるとのことだった。

Dsc00894
☆同校は、今年も、形式倍率ではなく、実質倍率で2.4倍(総数で計算)を超えた。この数字は、定員を十分に確保できることを示している。桜蔭でも、実質倍率となると2.3倍。実質倍率で、2.0倍から3.0倍をキープすることが、中学市場で、支持されるスコアを獲得することなのである。

☆その大妻中野の教育の質とは何だろう。それについては、首都圏模試センターのシリーズ「希望の私学」でも紹介されている。

Photo_2
☆そこで描かれているように、グローバルスタンダードな授業の質、ICT教育、学びの組織などが具体的にあり、それが今年も受験市場で支持されたのだと思う。

☆そして、今回大妻中野は、その支持に応えるべく意志の力を宣言した。つまり、真正グローバル教育をともに歩んでいこうよと。

☆今では教育関係者なら誰もが口にするグローバル教育。しかし、その意味するところは、TOEFLで高スコアをとれるようにするとか、海外研修をするとかまったくコンセプチャルではない「現象」ベースの話が多い。

☆しかし、それは受け取り側にも問題があり、コンセプチャルな話は、抽象的だとか難しいということになる。だから、市場一般に情報を流す時には、どうしても現象ベース、物ベースの話が多くなる。つまり、ミーハー的要素を盛り込む。

☆中学受験は1986年から大衆化してきたと言われている。現在、市場は縮小したとはいえ、86年に比べれば、まだまだ大きい。したがって、大衆化路線は免れない。

☆ところが、今回大妻中野が発信した対象は、大衆的な中学入試を望んでいるグループではなく、本物教育を望んで入学を勝ち得た生徒・保護者の方々である。

☆それゆえ、思い切って大妻中野の魂あふれる真正グローバル教育について語ったのである。そして、大衆化した受験市場の中に混じっている、本物を望む新6年生・保護者にも語りかけているのである。

☆グローバル教育は歴史的に必然的であるが、光と影が必ずある。その両方をきちんと認識できる知性と、影の部分を光に導く柔らかい感性と寛容性を学ぼうと。

☆グローバルリーダーは、経済エリートになるのもよいが、それだけでは、リーダーの資質としては不足している。どのような仕事に携わろうと、人々の痛みをシェアし、共に解決する道を探る知性と感性が必要なのであると。

☆このような光と影の志向性は、遠くヨーロッパの伝統的な教養であり、「ナルニア国物語」や「ハリー・ポッター」、「ネバーエンディングストーリー」「ゲド戦記」など映画にもなった子供に親しまれている物語に通奏低音となって響いているものである。

☆大人も楽しめる映画といえば「スターウォ―ズ」「マトリックス」が挙げられるだろう。

☆もちろん、大妻中野が想定しているそれらと同質の教養は、モーツアルトの「魔笛」やニーチェの哲学などであろう。

☆実は、このアーティスティックで学際的トーンは、45歳前後を中心とするミレニアル世代で教養のある保護者にとっては、自分たちが親しんできた「スターウォーズ」や宮崎アニメを通して、共鳴できるのである。

☆最近では、自分の子どもが慣れ親しんでいる「ナルニア国物語」「ハリポタ」シリーズをいっしょに鑑賞して、やはり共振している。

☆要するに、真正グローバル教育といったとき、その背景にヨーロッパのリベラルアーツが響いている必要がある。

☆世界大学ランキング100位以内の大学は、ほとんどが、このリベラルアーツ的な教養をディスカッションで鍛錬している。だから、同校がグローバル教育を豊かなにしているために、帰国生もたくさん入学してくる。帰国生の多くは、リベラルアーツの感覚を身につけているからだ。大妻中野の進路指導もいよいよグローバルになっていく。

☆そのとき、スキルとしての英語やICTは大前提で、最も重要なのは、リベラルアーツの素養ということになる。現行の学習指導要領では、リベラルアーツを鍛えるカリキュラムは存在していない。私立学校が独自にデザインしていくしかないわけであるが、だからといってすべての私立学校がつくりあげているわけではない。まだまだ少ない。

☆それゆえ、大妻中野は希少価値のある私学であり。それゆえ、「希望の私学」なのである。

参照記事)

大妻中野はなぜ強いのか (1)
大妻中野はなぜ強いのか (2)
大妻中野はなぜ強いのか (3)
大妻中野はなぜ強いのか (4)
大妻中野はなぜ強いのか (5)
大妻中野はなぜ強いのか (6)
大妻中野はなぜ強いのか (了)

|

« 2015首都圏中学入試【91】 大手塾の合格実績2月13日18時現在 | トップページ | 新6年生のために(05) 変わる中学受験市場 SGTを探せ! »

中学入試」カテゴリの記事