« 新6年生のために(48) 聖徳学園 伊藤校長のNew Power リーダーシップ | トップページ | 新6年生のために(50) 2015年中学受験の新しい動き明らかに »

新6年生のために(49) 聖ドミニコ学園 神の計画着々 大学合格実績激増!

☆昨年の今頃、聖ドミニコ学園についてこんな記事を書いた。「2015中学受験生のために【046】 聖ドミニコ学園 知られざる真正グローバル教育」。

Dominico1

☆聖ドミニコ修道会は、イエズス会よりもずっと歴史があり、欧米文化のリベラルアーツの知の光をつくってきた。その歴史を普遍精神として持ってるが、それは学内では牧歌的に暗黙知としてもっているで満足されてきた。

☆私は、シスターたち(ドミニコ会ではメールと呼ぶ)に、聖ドミニコやトマス・アキナス、エックハルトの例をあげながら、グローバル社会の光と影を乗り越えられる力を持っているのだから、何とか変わってほしいと吠えてきたが、どこ吹く風だった。

Dominico2

☆しかし、ちょっとやってみるかと思ったのだろう。土曜日に学内の先生方が、大学受験講座を実施した。1年目にして、国公立、早慶上理ICU、MARCHの卒業生数シェア118%!だ。

☆さすがは、真正グローバル教育の学校ではないか。それでも当局は、大学合格実績を出すのが目的ではないと回答するだろう。

☆私もそう思う。であれば、議論や対話でグローバルな世界の痛みを解決する人材をたくさん輩出して欲しい。フランス語も英語も学ぶチャンスがあるのだから。

参考)21世紀型教育の要であるIB型思考やクリティカルシンキングは、トマス・アキナスの神学大全の論駁型ロジカルシンキングがベース。この思考方法は欧米の大学の探究方法の基礎なのである!何せ、資本主義のシステムを分析した哲学者(神学者)で、無意識の思想として欧米人に生きていると司馬遼太郎さんが語るぐらいだ。

☆カトリック学校が聖光やサレジオ学院に代表されるように、形式としてではなく、実質として、聖書を大切にした人材を育てようとしていない現在にあって、聖ドミニコ学園は、智の光となって改革してほしいものである。

☆聖ドミニコが、ローマに対して托鉢修道会を立ち上げて改革に乗り出した時のように。

☆いずれにしても、これで、聖ドミニコ学園全体の経営はなんとかなるだろう。さすが神のみぞ知る学園。神の計画は着々と進行している。

|

« 新6年生のために(48) 聖徳学園 伊藤校長のNew Power リーダーシップ | トップページ | 新6年生のために(50) 2015年中学受験の新しい動き明らかに »

中学入試」カテゴリの記事