« 新6年生のために(28) 大妻中野の3月3日に注目。 | トップページ | 新6年生のために(30) 大学通信・大野香代子氏の記事必見! »

新6年生のために(29) 大妻中野「グローバルリーダーズコース」新設!

3月3日午後3時3分、大妻中野は、先日の予告通り、新たなイノベーションを発表した。それは「グローバルリーダーズコース(以降「GLC」と呼ぶ)新設のリリース

Ootsumanakano

☆もちろん、「英語入試」の発表もあったが、何のための「英語入試」なのか、そのビジョンが明快になったわけである。それゆえ、「英語入試」は「グローバル入試」に転換するのである。

☆すでに、帰国生クラスが設置されてきたが、帰国生の数は10%シェア。そこに英検4級以上の英語体験者が加わり、GLCとして再編成されるわけである。

☆大妻中野の学内雰囲気自体がグローバル化する。すでに頌栄や順天など帰国生がたくさん存在している学校は、異文化を受容する雰囲気に満ちていて、机上の英語教育とは全く違う様相を呈している。

☆それは大妻中野も同様だったが、今後はさらにその色が濃くなるのである。学内全体が国際的な学びの空間となるということだろう。

☆そのグローバルラーニングの空間に支えられながら、

1)ハイレベル英語(CEFRでB1・B2レベル:使える英語から英語で思考力へとさらに進化)

2)多様な留学制度

3)フランス語も学べる(グローバルとは多様性であり多言語主義である)

4)外国人教師の英語の授業は、英会話からエッセイライティングまで広く深い。

5)英語はもちろんオールイングリッシュ

☆以上のような特色がGLCにはあるようだが、今回の発表は「第1弾」とある。ということは、「第2弾」がある。

☆もはやこれで十分ではないかと思うのだが、まだ大きなプランがあるのだろう。それは何か?おそらくGLCの意味が、現段階では、従来の帰国生クラスにグローバル入試で入学してきた生徒が加わるというイメージしか伝わらないかもしれない。

☆本当は、まったく違うグローバル教育シーンが展開されるのだが、大胆な試みゆえ、前例がない。それゆえ、一般には想像がつかない。

☆だから、「第2弾」では、さらなるインパクトある内容を発表するのであろう。大きな期待が膨らむではないか!

|

« 新6年生のために(28) 大妻中野の3月3日に注目。 | トップページ | 新6年生のために(30) 大学通信・大野香代子氏の記事必見! »

中学入試」カテゴリの記事