« 21世紀型教育を求めて≪34≫大妻中野 新グローバル教育宣言 | トップページ | 2020年問題 新テストは実現可能か? »

首都圏模試センターのデータ斜め読み[02]4月統一合判 早稲田高等学院志望者数増

☆4月実施の統一合判の志望校別度数分表によると、早稲田高等学院も志望者数が増えている。

WasedaPhoto_2
☆同校は、2014年度SGH指定校である。SGHは高校には関係があるが、中学には無関係などといわれる。

☆たしかに、昨年は中学受験にSGHという情報は拡散しなかった。しかし、今年からはこのSGHの情報は極めて重要になる。

☆なぜなら中高一貫校の場合、このSGHの取り組みは中学にまで降りてくるからだ。SGHは、ある意味日本版IBのDPである。このIBは、しかし小中学校のプログラムもちゃんとある。

☆中高一貫校なら、当然その情報はキャッチしている。

☆IB校ではない一般の学校(1条校)で、IB級の教育が受けられるのだ。このようなお得な情報をキャッチしない保護者は、今年からはいなくなる。

☆2020年大学入試改革と連動する話だからだ。受験市場も一斉にこの情報をマーケットに流し始めている。

☆SGH校に受験生が集まるのは必定ではないだろうか!

|

« 21世紀型教育を求めて≪34≫大妻中野 新グローバル教育宣言 | トップページ | 2020年問題 新テストは実現可能か? »

中学入試」カテゴリの記事