« 21世紀型教育を求めて≪37≫工学院 熟達SGT集団 | トップページ | 21世紀型教育を求めて≪39≫三田国際のSGTな頭脳集団 »

21世紀型教育を求めて≪38≫駒込ミレニアム改革とグローバリゼーション

首都圏模試センターの取締役統括マネージャー/山下 一氏から、もっと本間さんも勉強しなさいと一冊の論考を手渡された。テーマは「駒込ミレニアム改革とグローバリゼーション」。同校の校長河合孝允先生の「入試総括と展望」についての2万5千字の大論文である。

Img630

ベースは、同校のサイトの校長挨拶のページにあるものを再編集したものだろう。したがって、およその中身についてはそちらをぜひご覧いただきたい

☆ICT教育・反転学習・アクティブラーニングなど21世紀型スキルを行い、IB対応型のオールイングリッシュイマージョン授業など改革プログラムを次々と実施していくという。

☆SGH、SSHを立ち上げる準備、多様な留学・海外研修システムを構築していくことが宣言されている。

☆中学入試において「4技能英語入試」や帰国生入試導入プログラムも設けるという。

☆このような大胆な21世紀型教育へシフトするのは、2020年の大学入試改革というテスト文化の大転換が契機なのだろう。しかしながら、教育政策が変わったからそれに便乗しようなどという表層的な考え方ではもちろんない。

☆河合校長は、今回のテスト文化の大転換がもたらすものについて、まず次のようにまとめている。

そこではこれまでの一点差勝負のテスト評価方式から「グローバルスタンダード」としての「ディープラーニング方式」の評価方式が導入されます。判定される能力は「Deep Learning Competency」の次の6つのスキルです。①キャラクター ②シチズンシップ ③コラボレイション ④コミュニケーション ⑤クリエイティビティ ⑥クリティカルシンキングの6項目です。

☆そして、これは教育政策によってもたらせるというより、千年の歴史的精神がすでに求めているところであり、ようやく日本という国が気づいたのだから、天台宗系の精神からすれば、その気づきを理想とし実現していくリーダーになろうということだろう。

☆千年という重みは、もはや歴史時間量ではなく、未来永劫に続く精神のことだろう。その精神に照らし合わせ、ICTの最先端技術を介して、理想を現実のものにできるときがやってきたのではないかというのではないだろうか。その未来永劫続く精神について、河合校長はこう論じる。

千年の古寺の本質はその古材の集積にあるのではない。千年の祈りの集積にある。千年の学舎の本質もまた親の子に寄せる想いの集積の上に存続する。祈りにせよ想いにせよ、その本質は眼に見える事物には無い。その本質は事物と人の織り成す「関係性・結び目・結縁」に生まれ出る。その本質を引き出すもの、それは意味であり意義であり広がりであり、偉大さへの契機であり充足である。その主体は「精神」であり「心」である。信仰にしろ学びにしろ、大空を舞う「飛翔の心」を殺せとは命じられてはいない。光を閉ざした蟻塚の「盲目的な心」を育てよとは命じられてはいない。学校においても、取り決め主義の「鋳型打ち抜き機」にかけて、ステロタイプの生徒を大量生産せよとは命じられてはいない。天に至る子供たちの偉大さとは、明日が限りない未来であるということにある。ある子供は臆病で虚弱で弱虫であるであろう。だが、彼らはその存在において「母の慈愛の想い」に奉仕しているのである。そして、彼らの持つ多様性、多義性、個性、独自性の中にこそ、その未来はあるのである。私たちが、一過性の「流行」で消失する学校ではなく、永続性のある学校改革を求めるのであるならば、生徒をその優劣において選別するのではなく、「縁」のあったその生徒の、固有の生命の輝きに寄り添って、育み導かなければならないのである。心の教育に携わる者であるならば決して忘れてはならない原点である。生徒は学校によって生きるのではない。学校の意味によって生きる。精神の風が吹いて始めて百年スパンの学校は誕生する。理念無き学校改革は、どのように時流に乗ったとしても、夏蝉同様一過性の夏が過ぎ去れば消える。以下、本校の改革素描を述べる。具体化するのは教育者としての「自己責任」に基づいた自からの「内面の旅路」としての取り組みである。学校における一切の矛盾の責任は生徒にはない。与える側の無気力・無能・無責任さに由来するだけである。

☆この覚悟、この気概あっての「駒込ミレニアム改革」なのである。かくして根源的な教育と21世紀型スキルを統合する21世紀型教育が私学からどんどん出来(シュッタイ)してくる期待。それが2015年という歴史的意味なのかもしれない。

|

« 21世紀型教育を求めて≪37≫工学院 熟達SGT集団 | トップページ | 21世紀型教育を求めて≪39≫三田国際のSGTな頭脳集団 »

21世紀型教育」カテゴリの記事