« 21世紀型教育を求めて≪58≫ 桜丘 当然ICTも大活躍 | トップページ | アクティブラーニングとは何か?(1) »

5月17日東京私立中学合同相談会開催(6) 文杉いよいよIB教育を超える

☆文化学園大学杉並の説明会ブースも、隣接の普連土や本郷に負けずに行列ができていた。

Dsc03763

☆その決定的な理由は、日本初のカナダのBC州との提携がついに実行されたからだ。

Img647
☆IB(国際バカロレア)以上の教育レベルのプログラムが日本の学習指導要領と同時並行で行われるため、BC州の高校卒業資格と文杉の卒業資格の両方を取得出来る。

☆英語でアクティブラーニングをやるわけだから、グローバル人材がたくさん輩出されるばかりでなく、世界大学ランキング100位以内の大学にカナダの高校卒業生と同じ条件でアプリケーションを出せるのである。つまり、TOEFLなどのスコアを提出する必要などなくなるのだ。

☆しかし、何よりものすごいことが、学内で起こっている。それは、BC州の教育省のスタッフやカナダ大使など、文杉がダイレクトに交流していることだ。

☆これはBC州と東京都の交流にもつながり、文科省も興味を持ってきたから、政治経済的な地平でもグローバルな交流になってきているのである。

☆まさに知識基盤社会のダイナミックな動きの象徴的な局面を日本は文杉から迎えたことになる。

☆近年カナダから日本へやってくる留学生も増えているから、文杉は中高大挙げて重要な使命を果たすことになるだろう。

☆来月3日、このBCプログラムの重要なセレモニーがある。詳細はまた報告したい。

|

« 21世紀型教育を求めて≪58≫ 桜丘 当然ICTも大活躍 | トップページ | アクティブラーニングとは何か?(1) »

中学入試」カテゴリの記事