« 2020年大学入試問題は、今の大学入試問題とどこが違うのか? | トップページ | 21世紀型教育を求めて≪43≫桜丘 アクティブラーニング大キャンプ! »

21世紀型教育を求めて≪42≫三田国際 異次元の授業全面展開

☆21世紀型教育、グローバル教育、アクティブラーニングの必要性やそのノウハウをめぐって議論が一斉に盛り上がっている。しかし、重要なことはその学校の教師が全員それを実行することだ。それを実行する教師を21会ではSGT(スーパーグローバルティーチャー)と呼んでいる。

Photo

21会の中で、教員全員がSGTとして志を高くもち専門的スキルと21世紀型スキルの両方を熟達しようと全面的に新次元の授業を展開しているのは、三田国際である。

☆21会校は互いにソフトパワーを切磋琢磨して磨いてSGTの熟達を巧んでいて、それ以外の学校とはかなり違う次元に進んでいる。

☆それが今年の受験市場でも支持されたわけである。

☆現在、その最先端のポジショニングをゲットしているのは三田国際。今後21会の中で起こっている切磋琢磨の教育の質の競争という正しい教育市場の競争が広まることを大いに期待したい。

|

« 2020年大学入試問題は、今の大学入試問題とどこが違うのか? | トップページ | 21世紀型教育を求めて≪43≫桜丘 アクティブラーニング大キャンプ! »

21世紀型教育」カテゴリの記事