« 21世紀型教育を求めて≪43≫桜丘 アクティブラーニング大キャンプ! | トップページ | 21世紀型教育を求めて≪45≫三田国際 魂の授業始まる »

21世紀型教育を求めて≪44≫三田国際 クラウドな知のプラットフォームの充実

☆三田国際のアクティブラーニングでは、iPad活用は必須。その様子は未来の学校そのものだが、実際にはその背景に横たわっているクラウドグループウェアが充実しているからだ。

Dsc02722

☆このグループウェアは、24時間どこからでもアクセスできるから、生徒の学びはいついかなるところでもきっちり支えられる。

☆クラウド上にあるから、海外に行っても大丈夫。生徒1人ひとりの情報収集→情報の分析→新しい発見→デジタル編集→作品のアップロードという一連の流れをシェアできるから、SGT(スーパーグロバルティーチャー)は生徒1人ひとりの思考の過程を見守ることができる。

☆そして6月、さらにこのグループウェアは大変な質のバージョンアップがなされる予定だという。そのときにまたご報告しよう。三田国際のICT教育の目に見えない強力なバックヤードについては、次のサイトをご覧いただきたい。

参照)三田国際 異次元の授業全面展開(2)

|

« 21世紀型教育を求めて≪43≫桜丘 アクティブラーニング大キャンプ! | トップページ | 21世紀型教育を求めて≪45≫三田国際 魂の授業始まる »

21世紀型教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21世紀型教育を求めて≪43≫桜丘 アクティブラーニング大キャンプ! | トップページ | 21世紀型教育を求めて≪45≫三田国際 魂の授業始まる »