« 2016中学入試動向ウオッチ【010】 注目!大妻中野 ソフトパワ強力 | トップページ | 2016中学入試動向ウオッチ【012】 男子御三家の終わり(1) »

2016中学入試動向ウオッチ【011】 文杉 本物アクティブラーニング教員研修 

文化学園大学杉並(以降「文杉は、)今年4月からダブルディプロマコースを新設。これは、わが国初のカナダ・ブリティッシュコロンビア州(以降「BC州」)公認の海外学校が文杉内に誕生したことを意味するが、平成27年6月3日、京王プラザホテルで、その認可証授与式のセレモニーが行われた。これについては、本ブログでもすでにお知らせした

Dsc07119
(マーガレット・コンポ氏と窪田教諭によるティームティーチング手法のアクティブラーニング研修のシーン)

☆その2日後、企業秘密であるが、少しだけ教員研修風景を取材してもよいと松谷校長から許しを頂いたので、あつかもしくもカメラを参入させた。

Dsc07157
☆21会のPIL×PBL型アクティブラーニングはぴったりコンポ氏のアクティブラーニング観に一致しているのに驚愕した。一般にはPBL型に偏りうまくいかないが、そのこともコンポ氏は鋭く指摘。

Dsc07143
☆それにしても、問いの構造をすぐに教科におとして議論するところは、さすがだった。また、先生方もすっかりこのタイプの研修になじんでいて、真剣に楽しんでいた。

☆問いの構造の考え方や作り方は企業秘密であるから、ここでは公開できないが、今の日本の教育でつくっている問いは、BC州のカリキュラムの3分の1レベルでとまっている現状を改めて実感。

Dsc07132
☆BC州のカリキュラムが、そのままストレートにオックスブリッジに通用する実感を抱くことができた。そりゃあ日本政府や文科省はグローバル教育やアクティブラーニングを急ぐわけだ。

参照21会サイト)→文化杉並 カナダ・ブリティッシュコロンビア州公認学校設置

|

« 2016中学入試動向ウオッチ【010】 注目!大妻中野 ソフトパワ強力 | トップページ | 2016中学入試動向ウオッチ【012】 男子御三家の終わり(1) »

中学入試」カテゴリの記事