« 2016中学入試動向ウオッチ【033】 かえつ有明 驚きのヘッドハンティング | トップページ | 21会の切迫感!2020年問題の真実! »

2016中学入試動向ウオッチ【034】 八雲学園 ヤバすぎる感性教育

八雲学園の3ヶ月留学。その事前学習プログラムがヤバすぎる。凄まじい感性教育なのだ。

Dsc08340
(3ヶ月留学の教師チームは、榑松先生、アレン先生、近藤先生。世界でサバイブしてきた先生方ばかり)

☆私たちは森の中にはいるとき、感性を研ぎ澄まし、状況を把握するために、静かに観察し、耳を傾ける。そして集めた情報から、状況を構築する。

☆それは未知なる文化に踏み入ったときも同じことである。そして、自分の判断が正しいかどうかインナーボイスに従ってクリティカルチェックをする。

☆やがて、これは未知なる自分の世界に歩んでいくとき、結局同じアクティブ・ブレインとインナーボイスにしたがってクリティカルチェックしながら、先に進む。夢をかなえるために。

☆これは、たとえばダイハードシリーズで、ジョン・マクレーン刑事(ブルース・ウィリス)がたった一人で、テロによって占拠されたビルやインターネットの中に入り込み、シチュエーションを把握し、一撃で相手を倒せるポイントを発見し、テロを撃破するサバイバルスキルの発動と同じことなのだ。

☆そんな極限の状況で、サバイブするには感性を研ぎ澄ませる以外に術はない。

☆八雲学園の感性教育は、心を豊かに知を教養で満たすのみならず、未知なる極限状況でサバイブするアクティブ・ブレインの形成でもあったのだ。これこそ本物のアクティブラーニングである。

☆それは、昨今事件が頻繁に起こるようになった日本であるが、まだまだ治安もよく、ある程度の大学を出れば、就職もなんとかなる比較的安心安全な世界に住んでいる私たちには、与えられてこなかった教育でもある。

☆しかし、今後のグローバル世界で生きていくには第一優先の教育であるまいか。

21会記事参照→八雲学園 3ヶ月留学生 アクティブ・ブレイン習得

|

« 2016中学入試動向ウオッチ【033】 かえつ有明 驚きのヘッドハンティング | トップページ | 21会の切迫感!2020年問題の真実! »

中学入試」カテゴリの記事