« 11月29日首都圏模試センター「最難関模試」父母会に向けて | トップページ | 工学院 教師のダイアローグ【04】 AIを使ってハイパワーな学びを創発 »

かえつ有明 新しい時代を拓く教育(4) 帰国生入試A1募集増加

☆昨日25日(水)、かえつ有明の中学の帰国生入試のうちA1募集が締め切りました。142 名(前年127名)と前年対比112%。

Dsc08567
(帰国生クラス。ダッツン先生のTOK型授業人気)

☆かえつ有明の帰国生入試は3つの選考タイプがあります。

PhotoPhoto_2
☆このうちA1募集が締め切ったわけですが、A2とB選考はまだ募集中です。両方ともすでに前年対比は増ですから、かえつ有明の2016年帰国生募集の増加は決定です。

☆帰国生が増加するのは、英語のハイレベルなスキル環境は大前提で、やはり開かれた感覚のダイアローグができる環境、エッセイライティングのスキルのみならず、書くべきコンテンツをリサーチする体験とそれを通して思考するソクラティックメソッドの充実がポイントです。

☆ダッツン先生をはじめ、かえつ有明の英語教員は、その対話型授業で有名ですが、教室の中だけで授業が行われているわけではありません。外に出て歴史や文化を見つめ、未来から自分を見つめるアクションパースペクティブ学習も行います。

|

« 11月29日首都圏模試センター「最難関模試」父母会に向けて | トップページ | 工学院 教師のダイアローグ【04】 AIを使ってハイパワーな学びを創発 »

21世紀型教育」カテゴリの記事