« 聖学院 クリエイティブ市民の学校【03】 市場に支持される学びの組織 | トップページ | 12月6日首都圏模試「統一合判」父母会 in 大妻中野(1) »

富士見丘 未来を拓くモデル校【01】海外特別入試、受験者倍増!

富士見丘のサイトにこんな記事が掲載されています!「海外特別入試、受験者倍増!」。極めて重要な情報です。

1

☆11月15日(日)、富士見丘は6回目の海外特別入試を、ニューヨーク・ロンドン・シンガポール・香港の海外4か所で行いました。現地校・インターナショナルスクール出身者を主対象としたA方式(英語エッセイ・基礎日本語作文)と、日本人学校出身者を主対象としたB方式(国内生と同タイプ)を実施。

☆今年の出願数は39名で、前年対比205%。これは、受験生が集積している東京で行われる受験環境とは異なる海外での話ですから、実に画期的な出来事です。

☆富士見丘はSGH指定校ですから、アクティブラーニングは当然のように行われています。しかも高大連携、フィールドワークベースのプログラムも充実していて、探究型のアクティブラーニングが展開しています。

Photo_2
慶應義塾大学理工学部の伊香賀研究室との探究型連携プログラムは昨年からの実績があります

☆しかも、その探究型アクティブラーニングでは、英語やタブレットなどが活用されるのも当たり前なのです。

3
☆海外の方は、頻繁にリアルに日本の学校に足を運ぶことはありませんから、富士見丘のように丁寧にグローバルな学びの活動をレポートしているところはアドバンテージが高いということでしょう。しかも、授業やプログラムを中心としてレポートがリリースされていますから、授業のクオリティまでわかるようになっています。

Photo_3

(11月28日の高校説明会もホールは参加者であふれるほど)

☆また、それは高校受験生にとっても同様です。富士見丘で自分の興味と関心のあることをどんどん探究していけるシミュレーションや海外留学や研修で学んでいる姿を想像しやすい情報が満載なのですから。

☆高校受験生は、おそらく自分自身でスマホやPCでサイトを閲覧していることでしょう。

4
☆高2のアメリカ西海岸修学旅行の情報などワクワクするような記事もアップされています。高校受験生にとって破格のエンターテイメント性も重要です。しかし、SGHプログラムは、高校だけで行われているわけではありません。

5
中学のLHRなどでは、すでにアクティブラーニングによってスタディスキルの基礎を学んでいます

52

(中学進路指導部は、10月31日(土)に中学2〜3年生の希望生徒を対象として東京薬科大学と中央大学を訪問する校外学習”公開5×2”を行いました。)

☆また、中高一貫して行う「自主探究5×2」の活動も行われています。海外帰国生にとって、好奇心、オープンマインド、探究心、エンターテイメント、アクティブラーニング、ハイレベル英語などが勢ぞろいしている学習環境は魅力的です。

☆これは、日本の一般の生徒にとっても同様でしょう。それに、なんといってもホテルのようなキャンパス空間も大切です。

|

« 聖学院 クリエイティブ市民の学校【03】 市場に支持される学びの組織 | トップページ | 12月6日首都圏模試「統一合判」父母会 in 大妻中野(1) »

21世紀型教育」カテゴリの記事