« 富士見丘 未来を拓くモデル校【02】高校受験市場が注目! | トップページ | 富士見丘 未来を拓くモデル校【04】画期的思考力テスト »

富士見丘 未来を拓くモデル校【03】中学受験市場にも気づかられる!

☆午後からの中学説明会は、入試体験も併設されていました。受験生は真剣に挑み、気づきをえて入試直前にまた成長したことに驚くと同時に自信を抱いたことでしょう。

Dsc02900
(中1の担任の先生と中1生の対話形式のプレゼン。教師と生徒の距離が近いことは一目瞭然でした)

☆説明会では、中1の生徒が担任の先生と、富士見丘の一日の学園生活をプレゼン。スタディー0からスタディー7を経て部活に到るまで丁寧に語りました。いかに信頼関係にもとづいたチーム富士見丘が出来上がっているか、それゆえ瞬間瞬間楽しいのであるということが伝わってきました。

☆それにしても、中1生が、自分たちの学びは、プレSGHに相当し、社会科やLHRで、アクティブラーニングが行われているのだということをアピールしていたのには驚きました。

Mailgoo

☆2020年大学入試改革を契機に多くの大学が入試改革を前倒ししています。早稲田大学も慶応義塾大学のような骨太のAO入試を増やすというニュースは話題になっています。

☆AO入試の書類には、自分が学んできた学校のカリキュラムやプログラムなど学びの体験を自ら説明できなければなりません。主体的に学ぶというからには、自分がどのような環境で学んでいるのかについて認識することは大前提です。

☆なるほど、富士見丘は、慶応をはじめとするAO入試に強いはずです。(つづく)

|

« 富士見丘 未来を拓くモデル校【02】高校受験市場が注目! | トップページ | 富士見丘 未来を拓くモデル校【04】画期的思考力テスト »

21世紀型教育」カテゴリの記事