« 大妻中野 スーパーグローバル教育へ【01】 市場が求める「日本の女の子、から世界の女性へ」 | トップページ | 雑感。やはりSGTのいる学校を選択しよう! »

工学院 教師のダイアローグ【05】 祝!グローバル教師トップ50に!

☆工学院の高橋一也先生が、Varkey基金が主催する“the 2016 Global Teacher Prize Top 50 Finalists”に選ばれました!おめでとうございます!世界各国から何千人という応募がある中、TOP50に入るとは、日本の教育界にとっても、世界の子どもたちにとっても幸せなことです。何せ高橋先生の授業は未来の教育をそのまま体現しているからです。

Photo

☆工学院は21世紀型教育3.0を目指しています。この教育を推進する教師をSGT(スーパーグローバルティーチャー)と呼び、そのSGTマスターが高橋先生です。

☆また、工学院もメンバーの21会は、21世紀型教育を推進するSGT人材育成セミナーなどをスタートしていますが、そのマスターの1人が高橋先生です。

☆子どもの未来を拓く21世紀型教育のリーダーであり工学院のSGTリーダーでもある高橋先生が、グローバルティーチャートップ50になったのは、やはり本物21世紀型教育を目指してきたからですね。、

☆工学院をはじめ21会校は、これからどんどん世界で認められる教師や生徒を輩出していくことでしょう。

参照記事)→「祝!工学院 高橋一也先生 世界の教師トップ50に」

|

« 大妻中野 スーパーグローバル教育へ【01】 市場が求める「日本の女の子、から世界の女性へ」 | トップページ | 雑感。やはりSGTのいる学校を選択しよう! »

21世紀型教育」カテゴリの記事