« 公開 2016年中学入試情報【27】倍率速報と模試情報で注目校⑱ | トップページ | 2016年中学入試情報【29】倍率速報と模試情報で注目校⑳ »

2016年中学入試情報【28】倍率速報と模試情報で注目校⑲

☆昨日23日(土)、大妻中野の「SGHアソシエイト公開研究発表会」が開催されました。午前中はC1英語の授業と社会、理科のアクティブ・ラーニングの見学会、午後から生徒による研究報告会のプレゼンでした。

Dsc04859

☆私は1時間目の授業を2つしか見えることができず、後ろ髪をひかれる思いで次に移動しました。しかし、たいへん得るものが大きかったです。

Dsc04933
☆というのも高3のエッセイライティングの授業と中1の地理の授業の展開が、生徒の思考過程を可視化していく見事な授業だったからです。

☆高2では、エッセライティングのフォームを学び、中1ではプレゼンのフォームを学んでいました。英語と日本語という言語の違い、英語と社会科という教科の違いはありましたが、生徒の思考過程は同じです。

☆この一貫性が、生徒の思考力を伸ばしていくことは明らかです。そして、高2はさらにそのフォームにしたがった各パララフにセンテンスを書いていました。その際、センテンスのクリティカルチェックコード5つに照合してながら文章を編集していくというクリティカルシンキングも学んでいました。

Dsc04898
☆このエッセイライティングの方法は、TOEFLのライティングに有効だと思っていたら、諸橋先生が、実はTOEFLを受検する方向になったのですと説明してくれました。そして、CEFRレベルでB2/C1の生徒が20%いるということですから、高2のこの段階で、すでに早慶上智以上の大学合格圏内の英語力の持ち主がたくさんいることを示唆しています。

Photo_3

☆大妻中野はSGHアソシエイト校として、21世紀型教育コード11の「グローバルリーダー」育成講座が充実しています。生徒の実際のプレゼンを見ることができませんでしたが、同校サイトでその活動の詳細が公開されていますから、了解できます。もちろん、実際のプレゼンの方がリアリティは高かったでしょう。

☆さて、このSGHの活動が今後どんどん広まれば、C1英語の浸透率は高くなります。また、アクティブ・ラーニングも同様のことが言えます。

Photo_4
(首都圏模試センター「倍率速報2016年1月23日現在」から)

☆現状では、帰国生の生徒にそのことがきちんと伝わっています。それゆえ、帰国生入試の出願の前年対比は100%を超えました。

☆一般入試の方も同様でしょうから、21世紀型教育のクオリティスコアの高い<希望の私学>大妻中野に出願する受験生は、締切ギリギリまで増え続けるでしょう。

|

« 公開 2016年中学入試情報【27】倍率速報と模試情報で注目校⑱ | トップページ | 2016年中学入試情報【29】倍率速報と模試情報で注目校⑳ »

中学入試」カテゴリの記事