« 東京・神奈川2016年入試(11) 八雲学園の新地平 | トップページ | 東京・神奈川2016年入試(13) 東京女子学園 未来へ手ごたえ »

東京・神奈川2016年入試(12) かえつ有明 2日目も風が吹く

☆2月2日、かえつ有明午後入試も風が吹きました。出願は昨年より減っているのに、実受験者の前年対比109%、帰国生は267%と、勢いがよいのです。

Dsc00855
(石川校長は、知の仕掛け人北氏、山下氏と未来を創る話でいつも盛り上がっています。市場にインパクトのあるビジョンを投じる日頃の対話が風を呼ぶのでしょう)

☆「自分軸」「集合天才」「芸術」「TOK型アクティブラーニング」を見事に学内でシェアし、東大をはじめ大学合格実績も伸ばしているこの現実。

☆説得力が違います。

☆なんといっても、校長が始業式や終業式で、形式にとらわれない「1000人のアクティブラーニング」をやれるのです。

Dsc08373

(教師と生徒が一丸となって生徒募集のためのワークショップのプログラムをデザインしているかえつ有明。すごいですよ)

☆普通は校長の話長いなあと思われるものですが、1000人が1000の「自分軸」を見いだすのですから、どんな困難が学校を襲おうとも、本物は壊れません。

☆教師のみならず、教師も生徒も一丸となって前に進んでいるかえつ有明。理想と現実が一致している学校を選ぶのは当然です。

☆その当然な真理を曇らせるのが、偏差値とか大学合格実績とかですが、2月1日すでに多くの受験生は合否の体験をしています。そこではじめて見える真理があるのです。2月21日は石川校長は秘密のアイテムを発表する予定でもいます。 

☆今だからわかるかえつ有明の真価というところでしょう。

|

« 東京・神奈川2016年入試(11) 八雲学園の新地平 | トップページ | 東京・神奈川2016年入試(13) 東京女子学園 未来へ手ごたえ »

中学入試」カテゴリの記事