« 東京・神奈川2016年入試(14) 駒東の深イイ入試問題 | トップページ | 東京・神奈川2016年入試(16)筑駒 出願前年対比107% »

東京・神奈川2016年入試(15) 塾歴あっていいの?塾歴解放区21会にどうぞ!

☆毎年この時期になると、塾の実績が比較されます。圧倒的にSAPIXがすごいのですが、これによって、最難関校の教育の質がゆるがされます。

Photo_3
☆本日夕方には、だいたい出揃うでしょうが、SAPIXが圧倒的であることは確かです。まさに「塾歴」ですね。

☆さて、どうして塾歴が最難関校の教育の質を劣化させるのでしょうか?企業の場合をちょっと考えるとすぐにわかります。

☆企業は人材を採用するときに、自分の意志で決定します。もし、自分の意志で決められなかったとしたらどうでしょう。メンタルモデルを共有できないので、組織として機能しないでしょう。

☆もしSAPIXの寡占が続き、偏差値順で開成、そして駒東、そのあと麻布という配分をしたとしたらどうでしょうか。そうするつもりはないのでしょうが、SAPIXの生徒のマインドはそうなっているはずです。

☆見えないものを大切にしなさいなどという道徳は、塾にはありませんから、目に見える数字で合理的に決定していくでしょう。

☆さあて、この悪循環「塾歴」から抜け出ることはいかにして可能でしょうか?そこを救済しようというのが21会です。その呪縛から逃れられない受験生は、すぐには解放できませんが、もう一つの塾歴解放区である、思考力重視の受験市場を着々と創っていますから、もう少しまっていてくださいね。そこでは、多彩な入試の方法を行い、いろいろな才能者を集めようというのです。

☆知識集積型の才能だけが、世界を創っていくわけではありません。芸術的な才能、編集の才能、音楽の才能などがあるのに、知識集積型才能を測る基準に自分の才能を合わせる必要はまったくないでしょうから。

☆この21会は、やがて集合天才組織になりますから、「塾歴」エリートと将来きちんと競争できます。おそらく勝利するでしょう。そのとき、「塾歴」からの解放が始まるのです。2020年までまってくださいね!

☆今、この21会の発想に近い学校は、首都圏の32%シェアしています。いわゆる21世紀型教育校です。厳密には、21世紀型教育1.0と21世紀型教育2.0がありますが、まずは21世紀型教育を始めることが肝要です。

|

« 東京・神奈川2016年入試(14) 駒東の深イイ入試問題 | トップページ | 東京・神奈川2016年入試(16)筑駒 出願前年対比107% »

中学入試」カテゴリの記事