« 東京・神奈川2016年入試(33)慶応中等部の問題 ホッとする | トップページ | 2017年中学入試に臨む[02] 2020年大学入試改革の話題新たな段階に »

2017年中学入試に臨む[01]工学院 さらなる未来へ オポチュニティー入試「難関思考力テスト」実施決定!

☆工学院は、2月5日に2016年中学入試を修了しました。しかし、最終日にもかかわらず、「思考力入試」に多くの生徒がチャレンジし、タフな思考力を示しました。知識をベースにした入試では満足できず「思考力」に挑戦。その目は輝き、鼻は膨らみ、全身から熱気あふれる姿を見て、校長平方先生は、コペルニクス的転回ともいうべき決断をしました。未来を創る受験生にさらなる挑戦の機会をつくるという、いわばオポチュニティー入試として「難関思考力テスト」を2月12日に実施するというのです。

Dsc04574
(未来創造学校を目指す工学院の本物SGT)

その情熱は、平方先生の言葉を直接聞くのが善いので、同校サイト掲載文をそのまま紹介します。

~「激動の中学受験」を迎えて~

 急進展するグローバル化の中で、工学院大附属中学校は『多文化』『多言語』を意識した教育を推進する為に「ハイブリッド」という冠を付けた特色ある3つのクラスで2015年度をスタートした。それは「未来志向の学校」でありたいと同時に、未来志向の受験生に対して決して裏切らない学校であり続ける。という覚悟の証明でもあった。

 今日、2月5日(金)迄の2016年中学入試を振りかえると、近年にない「激動の中学受験」であったように思う。何故ならメディアは2020年大学入試制度改革を視野に入れながらアクティブラーニングのことを盛んに取り上げ、さらに中学入試が近づくと、教育の多様化 ― 表面的な差別化のための独自性に照明をあてたが、本当の意味での多様性・多様化の理解が教育機関で、どこまで進んでいるかは疑問である ― を取り上げ「21世紀型教育」「思考力テスト」「スーパーグローバルティーチャー」等々に言及し、あたかも未来に備えている学校が巷にたくさんあるかのような雰囲気が醸成された。果たして未来志向の学校はどのくらいあるのだろうか。

 工学院の受験生及び保護者には学校説明会を通して、「自己肯定感」を持てる若者を育成し「未来に備える」教育を行うことを具体的に訴えてきた。そして、受験生の答案や面接での話しぶりから、未来志向の受験生がたくさんいたことを心から嬉しく思う。第4回の入試を終えて、まだまだ未来志向の6年生がたくさんいる事を実感した。と同時にその6年生たちにチャンスを広げてあげる必要性を感じた次第である。工学院は4月からの教室をやりくりしてでも、志の高い未来志向の中学受験生にチャンスを活かしてもらう為にも第5回中学入試を「難関思考力テスト」として実施することを決断した。さあ、未来にチャンスを広げよう。

                   2016年2月8日
                   工学院大学附属中学校
                   校 長 平方邦行

☆平方校長の、未来志向の中学受験生に対する熱き思いがズシンと伝わってきます。この入試は、もちろん2016年中学入試ですが、いわゆる追加入試ではありません。

☆「第4回の入試を終えて、まだまだ未来志向の6年生がたくさんいる事を実感した。と同時にその6年生たちにチャンスを広げてあげる必要性を感じた次第である。工学院は4月からの教室をやりくりしてでも、志の高い未来志向の中学受験生にチャンスを活かしてもらう為にも第5回中学入試を「難関思考力テスト」として実施することを決断した」とあるように、今年の入試を通じて高感度な中学受験生自身が、本当は思考力が大事ではないかと強く感じたにもかかわらず、「思考力入試」の機会が少なかったということに平方先生自身も気づいたわけです。

☆「4月からの教室をやりくりしてでも」とありますから、定員補充のための試験でないことは確かです。

☆とにかく、高感度な未来志向の受験生と共鳴共感してしまったからには、2017年まではとても待てない。今年の中学受験生には、いまここでオポチュニティーを創らねばとなったのでしょう。

☆時代のリーダーは、未来から来た留学生の声を聴き逃さない。そして、その声に即対応する俊敏力こそ未来を創るリーダーの力です。しかも、2016年4月、3年かけて工学院の組織を集合天才組織、学習する組織として大きく改革をしてきた平方校長の強力な自信が、いよいよダイナミックに未来を拓くのです。

*募集要項は→コチラです。

☆かくして、2017年中学入試の新しい息吹が、早くもここから生まれたのです!

|

« 東京・神奈川2016年入試(33)慶応中等部の問題 ホッとする | トップページ | 2017年中学入試に臨む[02] 2020年大学入試改革の話題新たな段階に »

中学入試」カテゴリの記事