« 21世紀型教育の時代【31】 栄光学園の2017年 | トップページ | 21世紀型教育の時代【33】思考の 問いの時代 一橋大学の倫理・政治経済の問題 ② »

21世紀型教育の時代【32】思考の 問いの時代 一橋大学の倫理・政治経済の問題

☆一橋大学の今年の倫理・政治経済の入試問題もおもしろかったのですが、だいたい何が出題されるかは、読めてしまうのも興味深いですね。大問1では、<社会思想の歴史-マキアヴェリからロールズまで」>名古屋大学出版会 (2014/4/15) 坂本 達哉 (著) から抜粋部分(一部変更)を読んでから、次の2つの問いを考えます。

Photo

Photo_2
☆ルソーやマンデヴィルの啓蒙思想とアダム・スミスの啓蒙思想、特に自然状態の設定の仕方の違いを踏まえた上で、アダム・スミスの考え方を説明する問題です。

☆今どんな問題が出題されるか、読めてしまうと述べましたが、読めるにはある程度大学入試問題の背景を知る必要があります。それには、石川校長の本「2020年の大学入試問題」(講談社現代新書2016年2月)が役に立ちます。

Img938
☆実際に同書194ページから198ページで取り扱われている京都大学の経済学部の小論文の問題で登場してくるのは、プラトンとロックの自然状態と社会状態の考え方の違いについてですが、今回の一橋の問題と同じ構造でできています。

☆もっとも、石川先生の本に沿って読むと、今回の一橋の問題は、ロジカルシンキングで十分であり、京都大学のようにクリティカル/クリエイティブシンキングまでは必要ありません。

☆そういう意味では、今年の一橋のこの問題は従来型の小論文形式の問いであり、京都大学の方は、すでに2020年の大学入試問題を予告しているという石川先生の考え方は的を得ているなあと思います。

☆現状では、小論文と言えば、みな同じだと思われていますが、それはブルーム型タキソノミーのフィルターが、一般に浸透していないので、なかなか理解が広がりません。

☆しかし、石川先生の本は、昨日3刷に突入したということですから、問いの質の違いがわかる方が増えることを期待したいと思います。

☆いずれにしても、クリティカル/クリエイティブシンキングまで要請する小論文形式の問題が2020年の各大学個別の独自入試で増えることは、石川先生の本を読めばわかるでしょう。

☆さて、このような問題に対応するには、どうすればよいのか。一橋大学の経済学部のベースは、やはりアダム・スミスです。その対極にあるのがルソーです。どちらかというと、前者は政低経高で、後者は政高経低です。両方の思想を比較すると、アダム・スミスの特に「内なる公平な観察者」の概念がわかるでしょう。

☆そこで、一橋大学を受験する帰国生とは、いつも次の2つの新書(手軽に購入できる)は教材として活用します。

Photo_3
アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書) 2008/3 堂目 卓生 (著)

Photo_4
今こそルソーを読み直す (生活人新書 333) 2010/11/6 仲正 昌樹 (著)

☆同時に、2人の思想の背景を理解するのに、サンデル教授の著書もテキストにします。しかし、生徒にとってはちょっと高いですね。そう思っていたら、最近小川仁志先生のわかりやすいサンデルベースの新書が出版されました。

Photo_5
はじめての政治哲学――「正しさ」をめぐる23の問い (講談社現代新書)2010/12/17 小川 仁志 (著)

☆こちらを読めば、正義判断のレベルのとらえ方が、大きく5つくらいあるのがわかります。自分はどの正義判断に近いのか自分軸を振り返るのにちょうどよい本です。

☆2020年大学入試問題に対応するには、個々の思想家のものの見方考え方、歴史や社会の背景、正義判断の種類と自分軸について学びを深めておく必要があります。

☆これは文系の話だろうといわれるかもしれませんが、理系の科学に対する基本的なものの見方は、いっしょです。主観と客観を分ける理論負荷性を見破る判断力は、ある意味正義判断に近いものがあります。

☆従来の理系の一般入試の問題では、医学部の小論文でなければそのような問題は出題されてきませんでした。

☆しかし、石川先生は、本の中で、帰国生の理系の大学入試問題についても取り扱っています。まさに2020年の大学入試問題の予告編ですが、それはいずれみていきましょう。

☆そうそう、なぜこれが中学入試問題に関係するか?それは麻布の入試問題やかえつ有明、聖学院、工学院、桜丘、富士見丘などの「思考力入試」は、小学6年生なりに「判断力」を振り返る問いが投じられているからです。2020年の大学入試問題で問われる考え方の基礎は、中学受験から始まっているのです。

☆思考の問いの時代がやってきました。

|

« 21世紀型教育の時代【31】 栄光学園の2017年 | トップページ | 21世紀型教育の時代【33】思考の 問いの時代 一橋大学の倫理・政治経済の問題 ② »

中学入試」カテゴリの記事