« 新たな動き【43】 八雲 新入試開設 | トップページ | 新たな動き【45】 足立学園も動く!2017年度は続々変容! »

新たな動き【44】 桜美林 動く!

首都圏模試センター(2016年5月11日)によると、「2017年2月の入試から、桜美林中学校では≪基礎的な総合学力≫を測る入学試験を新設します」。ついに敬愛するヴォーリズから直接MFO(man for others)の精神を受け継いだ清水安三の創設した桜美林が動いたのです。やりました!

Photo
☆なんといっても、ヴォーリズは織田信長とやり方は違ったのですが、ある意味MFOの精神でシンクロしていたと思うのです。だから、近江が拠点だったのです。ヴォーリズも織田信長も、この地から世界を変えると。

k☆それはともかく、桜美林が、このような、ランゲージアーツ型テストとサイエンスマス型テストを統合した「総合学力評価テスト」を実施するところがポイントです。桜美林でなければという意味も含みます。

☆ヴォーリズや清水安三の教育は、今でいう子どもを蝕むグローバルイシューを解決するための教育を行っていたのです。貧困・暴力・差別などで虐げられていた子どもたちを救済する教育を行っていたのです。中国との架け橋もすでに創っていたのです。

☆マザー・テレサではないですが、どんなにお金があっても心は豊かでない日本です。30年以上前に、マザーが日本を訪れたときに、目白のカテドラルに顕れました。そして、私は、目の前でそう言われて大きな衝撃を受けましたが、今では経済もちょっと危うくて、もっと大変な局面を迎えているかもしれません。

☆がしかし、そういう現状を生み出してしまった20世紀型教育から桜美林が子どもたちを救済すべく、新しい入試に踏み出したという決断は大いに歓迎です。

☆2020年大学入試改革はうまくいかないとかなんとか論争がありますが、なぜ改革しなければならないのか?それは日本の経済が低迷しているからもあるでしょうが、本当は失われたMFOの精神を蘇生するためでしょう。

☆でも、宗教教育ができない文科省は、それを強烈に進めることはできません。OECDやユネスコや国連の動きと連動する間接的な手法でやるしかないのです。国連などは、そのプリンシプルに宗教や民族を超えたMFOというゴールデンルールを前提にしています。

☆文科省もそこから出発しています。しかし、迂遠ですからMFOの精神が前面にでてきません。

☆その点桜美林は全面展開ができます。以前本ブログでヴォーリズと関連して聖学院と桜美林について書いたことがあります。しかし、ヴォーリズに直接影響・薫陶を受けているのは清水安三です。

☆すでに聖学院は動いています。そして今、桜美林も動き始めました。グローバルイシューの根本問題はMFOの精神の忘却です。

☆本来は、洗足や鴎友もその点にもっと働きかけるべきですね。しかし、塾歴社会に巻き込まれ、身動きがつかなくなっています。横浜雙葉や横浜共立もそうです。マザーの瞳が悲しみに沈んでいる様子を思い浮かべるのは難しくありません。

☆マザーは、イエス同様に笑顔はほとんどみせないでしょうが、桜美林の今度の動きに希望を見つけて、おだやかな表情をみせてくれると思います。

|

« 新たな動き【43】 八雲 新入試開設 | トップページ | 新たな動き【45】 足立学園も動く!2017年度は続々変容! »

21世紀型教育」カテゴリの記事