« 新たな動き【58】 富士見丘 説明会カフェ 教育の質を満喫(2) | トップページ | 新たな動き【60】なぜ本郷と吉祥女子なのか? »

新たな動き【59】 聖学院 受験市場に支持される 

☆昨日19日(木)、聖学院は「塾の先生対象 説明会」を開催。多くの先生方が訪れました。それだけ、受験市場で注目を浴びているということでしょう。

当日の模様は、同校サイトに詳しいので、ぜひご覧ください

Seig2

☆今春の入試直前も、直後も、今も、同校の「思考力ものづくりテスト」は、メディアを魅了し、取り上げられる機会も増えています。説明会当日、副校長清水先生も「ものづくり思考力入試」の成果について話をしました。同校サイトにはこうあります。

2016年度入試で実施した「思考力ものづくりテスト」の導入の狙い、問題内容、評価の方法、実際の作品などをお見せしたところ、アンケートにも「小6でこんな力があることに驚きました」「レゴで表現させる入試で、はかれる力を知り興味を持った」など多数の反響がありました。ご興味のある塾生の方には、ぜひ、説明会で実施します「思考力セミナー」が有効ですのでご参加をお勧めしています。(毎回定員70名予約制)

☆レゴについては、レゴ本社があるデンマークをはじめ、アメリカ、イギリス、ドイツ、マレーシアの5か国6か所にあるレゴランドが有名です。今年2016年10月には、ドバイにも7か所目のレゴランド・ドバイがオープン予定です。

☆そして、2017年に8番目のレゴランドが日本に開園します。場所は名古屋で、今その話題で持ちきりです。聖学院の「思考力ものづくりテスト」は、時代に支えられ、さらに魅力を映し出すコトになるでしょう。

Seig
☆この「思考力ものづくりテスト」を含めた全体の入試要項については、第1回説明会に足を運んで、その意義や有効性についてじっくりリサーチしてください。

☆2020年大学入試改革で注目されている学びは、learning by makingという手法です。アクティブラーニングの真髄ですね。もちろん、これをベースに生徒が身につける力は、STEAMです。

☆Sはサイエンス、Tはテクノロジー、Eはエンジニアリング、Aはアート、Mはマスですね。置き換えるとリベラルアーツということです。

☆聖学院の「思考力ものづくりテスト」のパースペクティブは、そこまで広がることを予定してなされているのです。

|

« 新たな動き【58】 富士見丘 説明会カフェ 教育の質を満喫(2) | トップページ | 新たな動き【60】なぜ本郷と吉祥女子なのか? »

21世紀型教育」カテゴリの記事