« 新たな動き【86】NVC教育 今のかえつ有明だからこそできること かえつ有明にしかできないこと | トップページ | 新たな動き【88】 三田国際 深いアクティブラーニングへ »

新たな動き【87】 富士見丘中1からアカデミックスキルアップ講座

☆入学してから2カ月がたった今、富士見丘の中1では、いよいよアカデミックスキルアップ講座が始まりました。高校からSGH(スーパーグローバルハイスクール)のプログラムが始まります。また中1のこの時期から探究学習「5×2」も本格化します。

Dsc02130

☆調べ方、議論の仕方、編集の仕方、プレゼンテーションの仕方は、高校になってからではなく、中学のうちからトレーニングしておくと、実は探究の方法がわかるだけではなく、「思考力」が身につくのです。

☆アカデミックスキルアップ講座第1回目は、iPadの使い方を学びながら、調べ方、議論の仕方、編集の仕方、プレゼンの仕方一連の作業のプロトタイプを体験しました。

Dsc02081

☆中1の50%弱が、昨年同校の中学入試準備講座としての思考力セミナーで、すでにiPadを使いながら考えることの基礎を体験してきたせいか、授業も積極的で、プレゼンも臆すことはありません。

☆キーワード検索も、アンド検索をして情報を絞って収集するなど、はやくも創意工夫がなされています。

Dsc02141
☆ロイロノートスクールを活用して、写真を取り込んだり、美濃部先生から全員に配信された問いに、簡易パワーポイントをつくって、表現したりしていました。

☆タブレットの使い方をまず学んで、それから次に探究学習の仕方を学ぶという単線型学習ではなく、複合的な学習がいっぺんにできてしまうアカデミックスキルアップ講座。

☆密度の高いアクティブラーニングは、あっという間に終了します。ロイロノートスクールで、生徒全員がぞれぞれ感じたことや考え方をシェアできるので、友情を育むモチベーションも燃え上がっていました。

Dsc02096
☆友情の極意が、授業での協働的な取組にあるなんて、ある意味驚愕です。イノベーションの効果は、こんなところにもあったのです。多様な発見の場としての授業。富士見丘ならではの取り組みといえるでしょう。

Dsc02162
☆もちろん、宿題としてのトリガークエスチョンが、生徒1人ひとりに確実に配信され、それぞれの反応ももれなくチェックされます。プレイフルでかつ緻密なプランニングが巧まれているプログラム。モチベーションと学力向上の合力が富士見丘の教育のベースです。

|

« 新たな動き【86】NVC教育 今のかえつ有明だからこそできること かえつ有明にしかできないこと | トップページ | 新たな動き【88】 三田国際 深いアクティブラーニングへ »

21世紀型教育」カテゴリの記事