« 新たな動き【90】 東京電機のポテンシャル | トップページ | 新たな動き【92】武蔵の枠を超えるというコト »

新たな動き【91】 開成 グローバルの道へ

☆中学入試だけ見ていると、開成はまだまだグローバルの道は遠いように見えます。しかし、高校入試から100名応募しますが、そこには帰国生が10%から20%の間、毎年コンスタントに入学してきます。

☆ここ数年、大学進学先も、ハーバードやスタンフォードなど世界トップクラスの大学に進んでいるのも、もしかしたらこの帰国生が貢献している可能性があります。

今春も、マギル大学やトロント大学をはじめとするやはり世界大学ランキング100位以内の大学に進んでいるし、リベラルアーツ大学にも進んでいます。

☆高校入試において帰国生のための説明会も開催しているぐらいです。確実にグローバルへの道を開いているといえましょう。

☆ミニ開成化や塾歴社会現象に風穴をあける≪私学の系譜≫としての「開成学園」が立ちあがっているのかもしれません。

|

« 新たな動き【90】 東京電機のポテンシャル | トップページ | 新たな動き【92】武蔵の枠を超えるというコト »

21世紀型教育」カテゴリの記事