« 2017中学入試動向(36) 順天のICT教育 SGHの実力 | トップページ | 麻布の使命 »

2017中学入試動向(37) 恵泉、香蘭、玉川聖学院、横浜女学院の人気の意味

☆11月実施の首都模試「統一合判」の志望者数データによると、恵泉、香蘭、玉川聖学院、横浜女学院の志望者総数の前年対比は増。いずれもプロテスタントの女子校。本質にこだわった教育が支持されていることに、どこかホッとする。

Photo_2

☆大学合格実績がよければよいというポピュリズムに右顧左眄せず、まっすぐにグローバル教育と知恵としての思考力育成にこだわり、自然と社会と精神の葡萄の木としての三位一体循環社会を追い求めている。

☆カトリックの学校やプロテスタトントの学校の中にもポピュリズムの誘いに乗ってしまい、「東大依存型学校」の路線を行くのだとユダ的発言をするキリスト教学校もある中で、このような生徒の存在そのものに迫る教育を行っている私立学校を支持する受験生・保護者が増えることを期待する。

|

« 2017中学入試動向(36) 順天のICT教育 SGHの実力 | トップページ | 麻布の使命 »

中学入試」カテゴリの記事