« 2017年中学入試中間情報【13】宝仙理数インター 校長ブログ必見! | トップページ | 2017年中学入試中間情報【15】芝浦工大とかえつ有明 グローバルクリエイティブ都市の教育拠点 »

2017年中学入試中間情報【14】中学入試のダイナミズム

★1月25日現在、首都圏中学入試の出願の前年対比を次の表にした。

Photo_2

★全体としては一見微減に見えるが、千葉エリアにみられるように、東邦大東邦などの推薦入試や千葉明徳などの適性検査型のような新入試、そして帰国生入試などの出願の勢いがそれを下支えしている。

Dsc00118
(かえつ有明のアクティブラーニング。中3国語)

★つまり、もし新入試や帰国生入試がなかったら、中学入試市場は一気に縮小している可能性があるということだろう。

Photo_3
★しかも、上記表のように新入試の中には、たんに選抜入試や生徒獲得を目的にした入試のみならず、生徒1人ひとりの才能発掘という教育の本質にこだわったコンセプトを高く掲げた思考力入試が市場で支持され始めた。

★もともと1986年からバブル経済を経て急成長した中学入試市場。バブルがはじけても、依然経済成長神話を牽引する風潮に下支えされてきた中学入試市場だから、その神話が崩壊し、新しい経済が生まれようとしている今日、≪私学の系譜≫という原点にかえり、本質的世界が顕れて来るというのは、歴史的には考えられることだ。

Dsc01317
(かえつ有明の高2プロジェクトクラスの理科実験もアクティブラーニングスタイル)

★かえつ有明のように、危機感・不安感の世の中だからこそ、信念と勇気をもって本質に立ち戻っている学校が、市場からちゃんと支持されているのが何よりの証しではないだろうか。

Dsc00691
(かえつ有明の中1の体育。体育もアクティブラーニングのデザインで行っている)

★その本質とは何か?対話である。共感的コミュニケーションである。ロジカルで、クリティカルで、クリエイティブで、オープンマインドで、好奇心を膨らまし、探究への助走を教師と共に走る希望である。

Dsc01357
(かえつ有明の生徒は教師にエールを贈ることも忘れない。自分たちだけが勇気をもらうのではなく、教師もGrowth Mindsetされるフィードバックを贈る。そんなシーンに立ち会って、涙しないわけにはいかない)

★新テスト。中でも思考力入試は希望の入試なのである。いまここで生徒の創造的才能を刺激し、未来を切り開く足場となるのである。

Dsc01368
(かえつ有明の高2の国語。3学期は、論文編集のための深いアクティブラーニング)

★中学入試市場のダイナミズムとは、成長神話のファンタジーをふりまく強欲資本主義から創造的才能を生み出す希望の資本主義への大転換を意味するのではあるまいか。






|

« 2017年中学入試中間情報【13】宝仙理数インター 校長ブログ必見! | トップページ | 2017年中学入試中間情報【15】芝浦工大とかえつ有明 グローバルクリエイティブ都市の教育拠点 »

中学入試」カテゴリの記事