« 2017年中学入試直前情報【18】 埼玉エリア 二兎戦略で 昌平・栄東・開智 | トップページ | 2018年中学入試に向けて【02】1月15日首都圏模試 保護者会レジュメ② »

2018年中学入試に向けて【01】1月15日首都圏模試 保護者会レジュメ①

1)東大理工に進んだ女子学院の生徒像を例に、一握りの天才開発からすべての生徒が女子学院の生徒のように才能者になれる学校が偏差値にとらわれることなくあることをまず共有。

2)2017年中学入試トピック 現在進行中の埼玉・千葉の入試から

 注目校:昌平・栄東・開智・二松學舍柏

Dsc07872Dsc07769
(工学院の思考力セミナー。STEAM教育としてのリベラルアーツの現代化のエッセンスが詰まっている)

3)トピックの背景に横たわる人気校の教育の共通点

①ハイレベル4技能英語
②アクティブラーニング
③リベラルアーツの現代化(次の内どれかがあれば現代化が行われていると推察可能)
 ・IBのエッセンス活用
 ・リーダーシップ教育
 ・現代哲学教育
 ・PBL(プロジェクト学習)
 ・STEAM教育
 ・プログラミング教育

※リベラルアーツや哲学は、古いものがあるので要注意。残念ながら普遍と革新の統合が出来ていないただの伝統的なものは役に立たない。伝統的なものも未来に向けてとらえ方が変容していなければ、頑固な見方を押し付けられるだけで、生徒の才能は開花しにくい。。。

4)上記の教育情報は次のようなリサーチ方法がある。

①説明会×体験学習
②文化祭・体育祭
③学校サイト
④志望者数情報・倍率情報
⑤入試問題情報
⑥首都圏模試サイト
⑦21世紀型教育機構サイト
⑧ホンマノオト
⑨口コミ情報=塾×知人×同窓生

※①と②のようなフィールドワークは重要だが、年間10校行けるかどうかだろう。情報は広く収集し、比較検討することも重要。そのために「③学校サイト」は便利。

ただし、「③学校サイト」は深い情報は流さない。広く中立的な記事が多い。

そこで、模擬試験を受けた後の志望者数情報や各教育系サイトに掲載されている倍率速報で、マーケットの支持率はデータとして確認しておく。

入試問題は、最もその学校の教育力を反映しているので、書店で声の教育社などの過去問を立ち読みするなど、いろいろな学校の入試問題を見るのは大切。

⑥の首都圏模試センターのサイトが最も広く深い客観的情報が発信されている。

⑦21世紀型教育機構サイトは、メンバー校の教育内容がわかる。最も先鋭的な教育モデルだから、このモデルを基準に他の学校の教育を比較するのに役に立つ。

⑧ホンマノオトは私のフリーのブログで、独断と偏見のコメント集であるがゆえに、取捨選択しながら参考にするのならば、ある意味便利。基本保守的な志向性のある方は読まない方がよい。あくまで私事の自己決定が大事。

⑨塾で得られる口コミも私事の自己決定が前提であるが、重要。特に塾というコミュニティで知り合った方々や同窓生の話を聞くのはダイレクトに役に立つ。

|

« 2017年中学入試直前情報【18】 埼玉エリア 二兎戦略で 昌平・栄東・開智 | トップページ | 2018年中学入試に向けて【02】1月15日首都圏模試 保護者会レジュメ② »

中学入試」カテゴリの記事