« 2017年度東京・神奈川中学入試【17】 中学入試革命(4)かえつ有明 アクティブラーニング思考力入試 | トップページ | 2030年教育動向(16)中学受験から中学入試へ »

2017年度東京・神奈川中学入試【18】 中学入試革命(5)宝仙理数インター 2月10日特別入試実施

☆首都圏模試センターの北氏の署名記事がまたもアップされた。今度は、2月10日に、宝仙理数インターが「特別入試」を実施するという。午前には「公立一貫対応入試」、午後には「リベラルアーツ入試・グローバル入試」を行う。

Photo_4

☆このような入試を追加実施しようという理由は、北氏によると、「もう一度多くの小学生(とくに公立中高一貫校の受検生)に受験のチャンスを広げる狙いと同時に、この(私立中受験生だけではない)新たな中学入試市場からの受験生の掘り起こし(才能発掘)に、大きな手応えを、校長の富士晴英先生をはじめとした同校の先生方が感じたから」のようだ。

☆工学院同様、この段階では生徒獲得のためではなく、この良質な入試を通してすばらしい教育を受ける機会を、まだギリギリまで、いまの小学校6年生と共有したいということだろう。この機会を何も来年の6年生にまで伸ばす必要はない。とはいえ、定員には限りがあるから、結局は若干名にしか機会は開かれないが、そこにチャレンジしてきた生徒の姿は、必ず来年の小学校6年生に、かけがえのない何かがあることを知らせることにもなるはずである。

☆北氏が矢継ぎ早に「署名記事」をアップしているのは、その発信の責任を自らも引き受けるぞという気概の表れでもあろう。

Photo_5
☆北氏自身、すでに行われた宝仙理数インターのリベラルアーツ入試の取材に立ち会ってもいるから、なおさら事の重大性を身に染みて感じているのではなかろうか。

|

« 2017年度東京・神奈川中学入試【17】 中学入試革命(4)かえつ有明 アクティブラーニング思考力入試 | トップページ | 2030年教育動向(16)中学受験から中学入試へ »

中学入試」カテゴリの記事