« 順天 SGH教育充実!成果発表行われる。 | トップページ | 八雲学園共学化宣言!2018年中学入試に衝撃波 »

サバイブする私立中高一貫校 その理由は、21世紀型教育機構主催のセミナーで!

☆小川洋さんのショッキングな著書「消えゆく大学」(白水社)。2020年大学入試改革によって、ますます深刻化する。何が深刻なのかというと、高大接続改革システムが進行するから、消えゆく大学は選ばれないということが明白になるし、サバイブする大学にはサバイブする高校のみが接続するということになる。高大セットで、サバイブする高大とそうでない高大との分断が少子化と相まって明らかになってしまうのだ。

Img357

☆では、サバイブする条件は何かというと、小川さんも多角的に書いているが、要は「変わる」ということなのだ。激しく変われば変わるほどサバイブする確率は高くなる。

☆そしてそれは私立中高一貫校にもあてはまる。しかし、麻布や栄光のように変わらない学校も、2017年度中学入試において出願は増えたではないかと。出願が増えたかどうかとサバイブするかしないかは必ずしも同期しないが、1つのイメージとしてわかりやすい。

☆さて、たしかに、麻布や栄光は、一見変わらないように見えるが、実は何よりも大きく変わっている。それは内的変化。これはなかなか見えない。内的変化とは、しかし、組織の変化ではない。これは、まだ外から見える変化である。

☆さて、その内的変化を遂げている私立中高一貫校はどこであろう。それをどのようにしたら探すことができるだろう。

☆21世紀型教育機構のメンバー校は、それぞれかなり激変した。共学化したり、リフォームしたりということだけではなく、組織も変わり、授業も変わり、英語教育もハイレベルになり、ICT教育も浸透している。

☆この変化は他に比べれば激変である。しかも、まだまだ進化する。しかしながら、21世紀型教育機構は、内的変化がものすごいことになっている。それは見えにく。しかし、その内的変化は、その学校の校長をはじめ教師1人ひとり生徒1人ひとりの言動に顕れてはいる。

☆ただ、それを見極めるのは、なかなか難しい。ところが、その内的変化を明快に論じることができるようになったのが21世紀型教育機構である。いったいそれは何か?

☆本日13時から、和洋九段女子で、21世紀型教育機構主催「第1回新中学入試セミナー」で、首都圏模試センターとともに、一貫してその内的大変化について語られる。

☆そしてもちろん、その内的大変化を生み出せる学校がサバイブする私立中高一貫校であり、それは大学においても同じことが言えるということが明らかになる。

|

« 順天 SGH教育充実!成果発表行われる。 | トップページ | 八雲学園共学化宣言!2018年中学入試に衝撃波 »

21世紀型教育」カテゴリの記事