« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

富士見丘 最良の女子校<01>

☆富士見丘が最良の女子校であるというのは、3重の意味がある。
1)つなぐ:富士見丘という女子校にしかない有利なソフトパワーが豊かである。
2)巻き込む:富士見丘という女子教育によって破格の21世紀型リーダーシップが育つ
3)未来を創る:富士見丘の女子教育が未来を創る

☆今21世紀社会というのは、相対的にではあるが、かなり領域横断的な知性が生まれている。ある意味新しいソフトパワーである。ものづくり国家日本では、この新しいソフトパワーを取得するのが意外と苦手だった。集団主義的行動をとるのは、ある意味得意だったが、それは上意下達で、決して縦横無尽のコラボレーション組織ではない。

Dsc01058

続きを読む "富士見丘 最良の女子校<01>"

|

世界の創り方【04】World Making System 三田国際の場合

☆World Making Systemという学びの循環は、外から見ていると全貌はみえにくい。たいていは、体験系の循環で終わっているし、教科というKNOWLEDGEと部活や行事が中心。それで十分満足する生徒もたくさんいるし、大学合格実績も出せる。

Mita

続きを読む "世界の創り方【04】World Making System 三田国際の場合"

|

世界の創り方【03】World Making Systemの循環で見えないところ

☆結局は3XLearningは、いつの日か思考系が生まれて来るのだから、教師が巧まなくてもよいわけであるが、ここで大いに間違ってしまっては困るのは、だから放置状態にしておいてもよいというわけではないのだということ。

☆もし、放置状態でよいというのであるならば、学校は不要になるだろう。そういう極端な考え方もある。しかし、その考え方は教育に新自由主義的市場の原理を忍び込ませる危険性がある。

Wip

続きを読む "世界の創り方【03】World Making Systemの循環で見えないところ "

|

世界の創り方【02】World Making Systemの循環

☆前回述べた「World Making System」は、4つの系が循環して成立する。したがって、この系がバラバラだったり、ましてサブシステムが単独で機能している場合、いびつな世界を映しだしてしまう。

Me

続きを読む "世界の創り方【02】World Making Systemの循環"

|

世界の創り方【01】World Making Systemの時代

☆首都圏中学入試というのは、大学入試に直結しているというよりも、その先を見据えて出題されているケースが結構多い。その象徴的な動きが今年の中学入試で注目を浴びた「思考力入試」や「思考力型問題」。

☆ディプロマポリシーが、いかなる時代の変化にも耐えられる知性、感性、気概などなどを身に付け、未来の道を切り拓いていくことに主眼があるから、当然カリキュラムポリシーもそれを実現するシステムのコンセプトを描くことになる。

☆ということは、アドミッションポリシーも、そのようなカリキュラムポリシーやディプロマポリシーを受け入れ、伸びていく潜在的能力をみる問いにならざるを得ない。

Wms

続きを読む "世界の創り方【01】World Making Systemの時代"

|

2017年大学入試問題の季節【03】 慶応大学医学部の英語の問題のおもしろさ

☆慶応大学医学部の英語の問題も実はおもしろい。「実は」というのは、いわゆる英語の大学入試問題のスタイルで、特に何が変わったというわけではない。

☆しかし、英文読解問題でも、その文章内容がおもしろいのである。仮にその内容について考えたことがなくても、英語のスキル問題としてはなんなく解けるのであろうが、それでも大学入試問題の対策の最中に、こういう文章に出会えば、単なる受験勉強ではなく、視野を広くしたり日常生活をリフレクションできる。問題を解きながら世界を考えることができるのである。

Keio_m

続きを読む " 2017年大学入試問題の季節【03】 慶応大学医学部の英語の問題のおもしろさ "

|

2017年大学入試問題の季節【02】 慶応大学医学部の生物の問題のおもしろさ

☆慶応大学医学部の生物の問題は、なかなかおもしろい。光合成は、必ずしも植物だけが行うものではない。光合成細菌が存在する。この両方を比較して相違点と共通点を考えることで、ある仮説が成り立つわけだ。つまり、酸素を発生する光合成は、CO2を分解させるのではなく、H2Oではないのかという仮説。

Photo_2Photo_3

2
Photo_4
Photo_5

続きを読む "2017年大学入試問題の季節【02】 慶応大学医学部の生物の問題のおもしろさ "

|

三田国際の競合校の変化を加速させる八雲学園の共学化

☆今週月曜日(2月20日)、八雲学園が共学化する一報が流れるや、またたくまにその情報は業界に広がった。その1つの証しとして、同日本ブログでアップした記事「八雲学園共学化宣言!2018年中学入試に衝撃波」が、今週のみならず今月のアクセス数の中で一躍トップに躍り出たのである。

Photo

(2年前、首都圏模試センターの「希望の私学」シリーズに八雲学園は掲載されている。そして、そのときからさらに同校は進化している。)

続きを読む "三田国際の競合校の変化を加速させる八雲学園の共学化"

|

創造的思考の時代【01】国際医療福祉大のディスラプティブ・イノベーション

☆38年ぶりの医学部新設で話題を呼んでいる国際医療福祉大。6年間で学費は1850万円というダントツの安さ、米国医師免許試験への準備という国際的な医療活動教育。人気がでるはずだ。

Mailgoo

続きを読む "創造的思考の時代【01】国際医療福祉大のディスラプティブ・イノベーション"

|

工学院 13歳から世界を変える その秘密を3・1公開セミナーで。

☆3月1日(水)、工学院大学附属中学・高等学校(校長:平方邦行、所在地:東京都八王子市)は、東京都内の私立中高教育関係者を対象に公開セミナーを開催する。

☆2016年2月に教育界のノーベル賞と称される“グローバル・ティーチャー賞”において、世界各国約8,000人の中から“世界の教師トップ10”に選出された高橋一也先生(中学教頭)が登壇、授業も公開する予定。

Photo_2

続きを読む "工学院 13歳から世界を変える その秘密を3・1公開セミナーで。"

|

2017年大学入試問題の季節【01】いまマインド反映する慶応大学小論文

☆今年もすでに大学入試が始まっている。東大推薦入試や京大特色入試の合格発表も話題になり、いよいよ国立大学という大学入試のピークに向かっている。この時期、各予備校では、競って入試問題の速報を流しているが、昨今は、2020年大学入試改革に向けて、大学当局がいったい何を意識して入試問題を出題しているのかウォッチングのし甲斐のあるときでもある。

2017
(慶應義塾大学経済学部の2017年小論文問題)

続きを読む "2017年大学入試問題の季節【01】いまマインド反映する慶応大学小論文"

|

八雲学園共学化宣言!2018年中学入試に衝撃波

はやくも2018年インパクトの号砲が鳴り響く。八雲学園は2018年4月から男女共学校になる。中学入試市場にとってのみならず、首都圏の中高一貫校に驚愕の衝撃が走ることになる。

Photo

続きを読む "八雲学園共学化宣言!2018年中学入試に衝撃波"

|

サバイブする私立中高一貫校 その理由は、21世紀型教育機構主催のセミナーで!

☆小川洋さんのショッキングな著書「消えゆく大学」(白水社)。2020年大学入試改革によって、ますます深刻化する。何が深刻なのかというと、高大接続改革システムが進行するから、消えゆく大学は選ばれないということが明白になるし、サバイブする大学にはサバイブする高校のみが接続するということになる。高大セットで、サバイブする高大とそうでない高大との分断が少子化と相まって明らかになってしまうのだ。

Img357

続きを読む "サバイブする私立中高一貫校 その理由は、21世紀型教育機構主催のセミナーで!"

|

順天 SGH教育充実!成果発表行われる。

☆昨日2月17日(金)、順天学園は、「2016年度SGH活動報告会」を開催。同校は、スーパーグローバルハイスクール(SGH)として認定されて3年間が経過した。

☆最初は限られたクラスだけで実施されていたが、2年目は少し規模を大きくし2016年度は高1全体で実施するまでになった。

Dsc03331

続きを読む "順天 SGH教育充実!成果発表行われる。"

|

2017年首都圏中学入試「入試総括コラボミーティング」(1)

2017年2月16日、和洋九段女子のフューチャールームで≪、2017年首都圏中学入試「入試総括コラボミーティング」≫が行われた。首都圏模試センター「統一合判模試」会場保護者会で講演するメンバーが、勢揃いして、2017年の中学入試分析を共有した。

Dsc03058Dsc03093

続きを読む "2017年首都圏中学入試「入試総括コラボミーティング」(1)"

|

【速報】三田国際 2017年度中学入試結果 総数の実質倍率6.7倍!

☆三田国際の今井広報部長から、各関係者に、2017年度中学入試結果が配信された。それによると、出願者総数は3757名。受験者数は2083名。合格者311名。特待合格者3名。

Dsc02037
(2月1日、三田国際学園。朝日の中の入試応援のシーン)

続きを読む "【速報】三田国際 2017年度中学入試結果 総数の実質倍率6.7倍!"

|

2030年教育動向(19) 世界を創る学校 たとえば、工学院・聖学院・麻布・海城

☆工学院や聖学院のように不退転の覚悟で21世紀型教育を実施している学校、麻布のように普遍主義的教育を実施しているために、結果的に21世紀型教育力も発揮している学校、海城のように普遍主義的教育を実施しつつ、21世紀型教育も暗黙知としてではなくプログラムによって顕在化させて活力を増大させている学校。これらのタイプの共通点は、既存の社会の階層構造の中で椅子取りゲームに興じる人材を育成するよりむしろ、あらゆる分野でイノベーティブな起業家精神を発揮して世界を創る側に回る人材を生み出すことを理念としている。

Photo

続きを読む "2030年教育動向(19) 世界を創る学校 たとえば、工学院・聖学院・麻布・海城 "

|

2030年教育動向(18) アサンプション国際小学校 全学年全教科で「主体的・対話的で深い学び」

☆文部科学省は14日、2020年度以降の小中学校の教育内容を定めた次期学習指導要領改定案を発表した。細かいことから大きなことまで、各メディアはいろいろな角度から発信しているが、要は思考力と英語力の強化がメイン。

Photo_4
(聖母被昇天学院小学校は、今年4月からアサンプション国際小学校になる。校名変更、共学化、英語力強化、オールアクティブラーニングに進化する。教職員一丸となって、定期的に研修する学びの組織が形成されている)

続きを読む "2030年教育動向(18) アサンプション国際小学校 全学年全教科で「主体的・対話的で深い学び」"

|

2018年中学入試のベクトル【06】 黄金の生徒獲得戦略 三田国際・工学院・香里ヌヴェール

2月19日(日)、「第1回新中学入試セミナー」において、三田国際学園の大橋学園長、工学院の平方校長、香里ヌヴェール学院の石川学院長がパネルディスカッションを行う。コーディネーターは、首都圏模試センターの取締役統括マネージャー山下氏。

2
(2月14日GLICCにおいて、新中学入試セミナーのパネルディスカッションの打ち合わせが行われた。白熱教室となった)

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【06】 黄金の生徒獲得戦略 三田国際・工学院・香里ヌヴェール"

|

2018年中学入試のベクトル【05】 思考力革命 ジャーナリストが動き出した!

☆「思考力革命」。第4次産業革命、インダストリー4.0、創造的資本主義、AI社会・・・。いろいろな未来社会が描かれていて、きっとどれもがそうなのだろうが、イギリスやフランス、米国、それに続く近代社会の道を開いた革命には、実はジャン・ジャック・ルソーを始めとする啓蒙思想家による思考のコペルニクス的転回があった。それに続くのが自称ルソーの弟子、カントやヘーゲルだった。

Dsc02957

(2月14日バレンタインデー夕刻、子どもたちにすてきな知のプレゼントを贈るために、首都圏模試センターに育児・教育ジャーナリストおおたとしまさ氏が訪れる。「思考コード」の仕掛け人山下一氏、中学入試革命の仕掛け人北一成氏、「思考コード」を多次元尺度として模擬試験に結びつた三瓶先生が「思考力革命」前夜のブレストミーティングを5時間にわたって行った。)

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【05】 思考力革命 ジャーナリストが動き出した!"

|

2018年中学入試のベクトル【04】 海城と麻布 「世界」を読み解く

☆海城の校長特別補佐中田大成先生から、今年の海城の帰国生入試A方式で出題された海城の社会科の問題と今年の麻布の社会科のものの見方・考え方がシンクロしているというという旨の手紙を頂いた。

◆海城の帰国生入試A方式社会科から

Img354Img355

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【04】 海城と麻布 「世界」を読み解く"

|

2018年中学入試のベクトル【03】 なぜ教育の質・経営の質なのか?

☆18歳人口が減少し始める「2018年問題」がある。実際に激減が始まるのは、2021年と推定されている。人口が減るということは自ずから量から質へと変わらざるを得ない。「ひと・もの・かね・情報」すべてが量から質へとシフト。

☆2020年大学入試改革という設定も、実際には人口学的な発想が背景にあるのだろうが、ちょっとここで12歳人口はどうだろう。すでに2018年問題は、12歳では、2012年ごろから始まっているということではないか。ただ、受験という気分は、大学→高校→中学と降りてくるから、明快に意識してこなかっただけだろう。

Photo

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【03】 なぜ教育の質・経営の質なのか?"

|

2018年中学入試のベクトル【02】 生徒は2030年の世界でいかに生きるのか。

☆今トランプ大統領の言動にいかに対応するか世界は揺れているが、それは、根源的には、持続可能な社会をどうやって建設していくかグローバルな痛みを共有しているからだ。つまり、グローバルゴールズに包摂されている多様な世界問題を創造的に解決するためのクリエイティビティ、アクション、寛容な精神などをどう生み出すかが喫緊の課題なのである。

Global_goals

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【02】 生徒は2030年の世界でいかに生きるのか。"

|

2018年中学入試のベクトル【01】 思考力革命×中学入試革命

☆2017年度中学入試は、あらゆる局面で量から質へパラダイムシフトするエポックメイキングな入試だった。そのメインストリームは、教育の質は、「思考力革命」、経営の質は「中学入試革命」という両者が統合された「私学革命」である。

☆それは、4月から起こる驚愕の衝撃波が生まれて初めて気づくはずだが、その衝撃波は、まさに「思考力革命」と「中学入試革命」の2つのベクトルの合力が創り出す「私学革命」である。

1_2

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【01】 思考力革命×中学入試革命"

|

【速報】かえつ有明 中学入試市場 大いに支持 Change the world

☆本日2月11日、かえつ有明は入学準備説明会を開いた。中学入試市場は大いにかえつ有明の教育を支持。昨年1年間、3大模擬試験の志望者数は前年対比を100%切っていた。

☆しかし、12月からの帰国生入試が前年対比を上回り、メディアが注目した思考力入試の出願数も日に日に増えて行った。出願総数では前年並みまで持っていった。

Photo_4
(左から金井先生、前嶋先生、佐野先生。思考力入試の手ごたえについてインタビューさせていただいた)

続きを読む "【速報】かえつ有明 中学入試市場 大いに支持 Change the world"

|

【速報】宝仙理数インター 6クラスの見通し 中学入試市場支持

☆昨日10日、中学入試を終えた宝仙理数インター。富士校長から一報があった。「宝仙学園史上、最多の6クラスをつくれる見込みになりました」と。

Photo_3

続きを読む "【速報】宝仙理数インター 6クラスの見通し 中学入試市場支持"

|

村田沙耶香さんのNHKインタビュー 母校二松學舍柏で

☆本日午前6時30分から、NHK 総合テレビ 「インタビュー ここから」で、芥川賞を受賞した村田沙耶香さんが、母校二松學舍附属大学柏中学校・高等学校の教室でインタビューされた番組が放送された。

Photo
(撮影されたときの様子が同校サイトにアップされている。)

続きを読む "村田沙耶香さんのNHKインタビュー 母校二松學舍柏で"

|

工学院は希望の学校である。思考コードが導く。

☆工学院は希望の学校である。多次元偏差値に対応できる学びの環境を準備しているし、中学はある一定水準を超え、さらに進化している。今年からいよいよ高校の改革も本格化する。

Photo_3
Photo_4

続きを読む "工学院は希望の学校である。思考コードが導く。"

|

海城学園が創出 中学入試市場 リベラルアーツの現代化と思考力入試

☆「中学受験市場」は凍てついているかもしれないが、「中学入試市場」は活況を帯びているし、ますます拡大する。「中学受験市場」は少子高齢化によって、S塾の難関校合格独占化によって、衰退するだろう。これが私のいう「御三家のおわり」である。

☆だからといって、開成学園や麻布学園や武蔵学園が終わるわけではない。海城がなかば意図しつつなかば意図しないで(健全な「市場」というものうはそういうものだ)新しく創出した「中学入試市場」で、自由を獲得して大いに活躍できるだろう。ただし、そのときはもはや「御三家」という称号は捨てなければならない。

Dsc02535

続きを読む "海城学園が創出 中学入試市場 リベラルアーツの現代化と思考力入試"

|

海城学園の思考力入試 リベラルアーツ型

☆海城学園は思考力入試を実施していただろうか?とお思いの方も多いだろう。名称は、「平成29年度 帰国生入試 問題 総合」で、帰国生入試の問題。しかし、これがまぎれもなく真正「思考力入試問題」なのである。

Dsc02531

続きを読む "海城学園の思考力入試 リベラルアーツ型"

|

なぜ海城学園が希望なのか。

☆海城学園の中学入試は、一般入試総数前年対比は92.0%、帰国生入試の方は102.8%。量的には安定的であるが、一般入試が微減、帰国生入試が微増という微細な差異が、中学入試の質的変容の未来を占う重要なポイントなのではないかと思う。

Dsc02524
(「SCHOOL vol.49」に掲載された記事から)

続きを読む "なぜ海城学園が希望なのか。"

|

2017年東大合格情報の季節【01】東大推薦入試合格数

昨日2月8日(水)、東大推薦入試の合格者及びその数が発表になった。100人程度の定員だったが、今年は71名。昨年は77名だったが、さらに100人を割った。

Photo

続きを読む "2017年東大合格情報の季節【01】東大推薦入試合格数"

|

工学院 ハイブリッド思考力入試 先鋭的ポジショニングを宣言

☆2017年度の工学院の中学入試は、幕を閉じたと思うや、2018年の未来を予想する入試を実施することを決定した。おわりははじめであると。その入試は「ハイブリッド思考力入試」。

Dsc02500
(新高1から本格的に始まる高校の21世紀型教育改革。その改革を推進するためにカリキュラムマネジメントチームが発足。生徒の学び×モチベーション×進路指導をリアルとサイバー両スペースでトータルにサポートしていくシステムを新たに企画運営実施していくチーム。新学習指導要領に先駆けてカリキュラムマネジメントシステムを創る。2020年大学入試対応のみならずさらに先を見通した超システム。いずれスーパーモデルになるだろう)

続きを読む "工学院 ハイブリッド思考力入試 先鋭的ポジショニングを宣言"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【22】今年も三田国際学園の人気

☆2017年2月1日から2月7日の一週間は、東京・神奈川エリアの中学入試ピークの時期。この時期、アクセス件数ではなく、ユニークユーザーの方々は13,169人でした。首都圏中学入試に挑戦したご家庭のおよそ25%の方にご覧になっていただきました。

☆もちろん、保護者の方ばかりではなく、学校関係者、メディアの方々にもご覧いただき、ありがとうございました。お役にたてたなら、幸いです。

☆この一週間のアクセス件数ベスト50をお知らせします。圧倒的に三田国際関連の記事にアクセスが集中しましたが、もちろん、工学院、かえつ有明、横浜女学院、宝仙理数インターなどアクセス数が多かった記事もたくさんあります。

Dsc04036
(三田国際学園の説明会は常に参加者であふれている)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【22】今年も三田国際学園の人気"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【21】 中学入試革命(8) 算数は方程式を使わないけれど方程式を体感する学び

☆次の問題は、今年の女子学院の理科の問題。

Jg

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【21】 中学入試革命(8) 算数は方程式を使わないけれど方程式を体感する学び"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【20】 中学入試革命(7)思考コードで桜蔭の記述・論述問題の戦略が立てられる

☆麻布や桜蔭の記述・論述問題は、高次思考を要するから、今までは、このような学校にチャンレンジする生徒が特別にトレーニングする領域だった。しかし、思考力入試の広がりによって、1次元偏差値では測れない多次元偏差値の領域をどんな生徒も学べる機会が到来した。

Dsc02277
(2017年度桜蔭の国語の中学入試の解答。200字の論述だけではなく、ほとんどが記述。この傾向は変わらない)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【20】 中学入試革命(7)思考コードで桜蔭の記述・論述問題の戦略が立てられる"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【19】 中学入試革命(6)生徒獲得戦略の時代

☆本シリーズの前回と前々回で、工学院のハイブリッド思考力入試(2月12日)の実施と宝仙理数インターの特別入試(2月10日)の実施について、追加募集ではなく、教育の理念と実践の質に共鳴する生徒/保護者と機会を共有したいというメッセージを発信することが目的であると書いた。

☆実は1回目の入試から10日以上経ってからさらに入試を行う学校がある。それは千葉エリアの学校だ。2月に入ってから、渋谷教育学園幕張、市川、東邦大東邦など、追加入試ではなく、やはり、それぞれの教育に共鳴する生徒/保護者へのメッセージなのである。

Photo

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【19】 中学入試革命(6)生徒獲得戦略の時代"

|

2030年教育動向(17)大妻中野 さらなる進化 強い学習する組織へ

☆2月4日、大妻中野の中がう入試は、新思考力入試で幕を閉じた。9回にわたり、大妻中野の在校生や合唱部が、受験生に、同校サイトでエールを贈った。中学受験では、塾の先生が、壮行会をやったり、入試本番早朝から握手をして激励するのが受験の風物詩だった。

Photo_3
(yuiの「fijgt」。このがんばれは、プレッシャーにならないがんばれなのだ)

続きを読む "2030年教育動向(17)大妻中野 さらなる進化 強い学習する組織へ"

|

塾歴社会の行方【04】私学の力は教育の自由・経営の自由!

☆SNWの各学校の合格実績はだいたい出揃ったか。2017年度は、やはりSの圧倒的な合格力とWの躍進の意味。そしてNが中学受験から中学入試にシフトする流れを創れるかどうかというところがテーマか。

Snw

続きを読む " 塾歴社会の行方【04】私学の力は教育の自由・経営の自由!"

|

2030年教育動向(16)中学受験から中学入試へ

☆2017年度中学入試は、塾業界による学校と生徒/保護者の媒介というシステムが大きく崩れたという印象を強く持った。この塾による「媒介」が、S塾の御三家合格寡占状態になり、中学受験市場が、触媒ではなく、コントロールになってしまったときから、徐々にこのシステムは崩れ始めたのであるが、昨年おおたとしまさ氏が「ルポ塾歴社会」を出版することにより、この中学学受験市場自らの場において明らかになってしまった。

Img338

続きを読む "2030年教育動向(16)中学受験から中学入試へ"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【18】 中学入試革命(5)宝仙理数インター 2月10日特別入試実施

☆首都圏模試センターの北氏の署名記事がまたもアップされた。今度は、2月10日に、宝仙理数インターが「特別入試」を実施するという。午前には「公立一貫対応入試」、午後には「リベラルアーツ入試・グローバル入試」を行う。

Photo_4

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【18】 中学入試革命(5)宝仙理数インター 2月10日特別入試実施"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【17】 中学入試革命(4)かえつ有明 アクティブラーニング思考力入試

☆2017年度、かえつ有明の中学入試はアクティブラーニング思考力入試で幕を閉じた。2科4科、帰国生入試、思考力入試など出願総数は昨年同様1,700人強で横ばい。しかし、帰国生入試の総数は、564人で、前年対比127.6%。思考力入試の出願総数は297人で、前年対比200.7%。

☆ここにも、思考力と英語力の訴求効果が前面に出た「中学入試革命」の軸が悠然と立ちあがった。

Photo_3

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【17】 中学入試革命(4)かえつ有明 アクティブラーニング思考力入試"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【16】 中学入試革命(3)工学院 本邦初「ハイブリッド思考力入試」

☆かように北氏と山下氏とミーティングしていた時に、北氏が、昨年、工学院は、たしか、公立中高一貫校の適性検査発表後に「難関思考力入試」を実施していたよねと語りだした。

☆たしかにそうだった。すでに定員は獲得できそうだというメドが立っていたが、公立中高一貫校を受ける生徒が、八王子に今までになかった異次元の学校があると聞きつけて、もう機会はないのかというニーズがにわかに高まったから、平方校長は、追加試験ではなく、機会を開くために実施したのだった。

Dsc06951

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【16】 中学入試革命(3)工学院 本邦初「ハイブリッド思考力入試」"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【15】 中学入試革命(2)思考コード

☆首都圏模試センターの山下氏(取締役統括マネージャー)とは、「思考コード」の概念やその実用的な使い方について議論になった。思考の領域種類(ブルームのタキソノミーなど参考にアレンジ)、その領域における思考スキルの構造、各領域ごとの偏差値、領域の組み合わせごとの偏差値など。。。

Img333
(この冊子は思考コードの実用サンプル書。まだまだ進化するが、まずはこの段階のものを、2月19日の「新中学入試セミナー」で限定配布していただけることとなった。)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【15】 中学入試革命(2)思考コード"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【14】 中学入試革命(1)思考力入試×英語入試

☆昨夕、首都圏模試センターで、2月19日(日)「新中学入試セミナー」の打ち合わせをした。この時期、情報収集、分析、発信の山場で、スタッフの皆さんは超多忙の極致でしかもそのピークの長いスパンがこの時期。そんな時に、いやだからこそお邪魔した。

Img331

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【14】 中学入試革命(1)思考力入試×英語入試"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【13】2014年4月の預言 三田国際学園の中学入試革命はそこから始まっていた

☆2014年4月23日 (水)、今からほぼ3年前。三田国際が中学入試革命を起こす預言めいた記事を書いた。「2015中学受験生のために【059】 三田国際学園の競合校 」がそれである。

Dsc08885

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【13】2014年4月の預言 三田国際学園の中学入試革命はそこから始まっていた"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【12】三田国際学園 中学入試革命を起こす

☆三田国際学園の大橋学園長と電話でミーティングを行った。2月1日に早朝お会いしたときに、私は総数3,600人には到達すると予言していたのだが、実に小気味よくそれを超えましたよというお話しからはじまった。

Dsc06956

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【12】三田国際学園 中学入試革命を起こす"

|

塾歴社会の行方【03】中学受験から中学入試へ

☆前回記事をアップしたら、すぐにSやNが合格実績を更新した。筑駒以外だいたい出揃った感じか。もちろん、2月11日の招集日には、また大きく動くが、だいたいの傾向は読める。

Snw_2

続きを読む "塾歴社会の行方【03】中学受験から中学入試へ"

|

塾歴社会の行方【02】中学入試か中学受験か

☆NとWは合格実績をかなり公開。Sはまだ男子御三家など公開していないので、そこはあとから追加するとして、2017年2月3日20時現在で判明分をリストにしてみる。

Snw

続きを読む "塾歴社会の行方【02】中学入試か中学受験か"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【11】和洋九段女子 生徒とともに未来を実感

☆昨日2月3日、和洋九段女子の今年の中学入試は無事終了。夜合格発表を終え、教頭の新井先生から、3日間を通じて気づいたことなど所感メールをいただいた。

Photo
(中込校長と先生方の改革コラボレーションをコーディネートする新井教頭)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【11】和洋九段女子 生徒とともに未来を実感 "

|

2017年度東京・神奈川中学入試【10】 和洋九段女子 新しい教育のカタチに共感した生徒集まる。

☆2月3日和洋九段女子の午後入試。今年同校のラスト入試。多くの学校が5日くらいまで、毎日のように午前午後入試を続ける中、実にシンプルな入試日設定。新井教頭は、「出願数は、昨年と同じですが、受験率が非常に高くて驚いています」と手ごたえを感じている様子だった。

Dsc02132

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【10】 和洋九段女子 新しい教育のカタチに共感した生徒集まる。"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【09】聖学院 これぞ思考力入試!

☆聖学院の2つ思考力入試のうち、「思考力+計算力入試」を送っていただいた。すばらしい。これだよなあ!と感動した。このような問いに挑戦したいというモチベーションとオープンマインド、そしてクリティカルシンキングができる生徒なら、知識はあとからいくらでも雪だるまを転がすように、思考の循環にからみついてくるだろう。

Dsc02121

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【09】聖学院 これぞ思考力入試!"

|

塾歴社会の行方【01】SNWの季節

☆おおたとしまささんの衝撃的な著作「塾歴社会」を考える季節がやってきた。

Sna

(2月11日麻布、開成、武蔵、筑駒、栄光などの招集日前後まで、変更が続く。その都度追ってみたい)

続きを読む "塾歴社会の行方【01】SNWの季節"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【08】NHKが読み解く生徒獲得資本主義~生徒獲得戦略の時代到来 (2)

☆前回の記事2017年度東京・神奈川中学入試【07】NHKが読み解く生徒獲得資本主義~生徒獲得戦略の時代到来をfacebookで、香里ヌヴェール学院学院長石川先生がシェアしてコメントを寄せてくれた。紹介したい。

Dsc08427

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【08】NHKが読み解く生徒獲得資本主義~生徒獲得戦略の時代到来 (2)"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【07】NHKが読み解く生徒獲得資本主義~生徒獲得戦略の時代到来

☆昨日2月2日、NHK「おはよう日本」で、私立中高一貫校の中学入試について放送されたが、そのキーワードが何と「生徒獲得」というワードである。これは中学受験や中学入試では、あまり使わない言葉である。

Dsc01792

(2017年2月1日、校門で受験生を迎える三田国際学園広報部長今井先生。NHK放送では、三田国際の共学化など生徒獲得戦略の成功についてインタビューされていた。)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【07】NHKが読み解く生徒獲得資本主義~生徒獲得戦略の時代到来"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【06】雙葉の理科の考えるおもしろさ

★2017年雙葉の理科の最初の問題は、重心とおもりの関係についてだった。受験のプロにとっては、何の変哲もない理科の基礎的な問題ということなのだろうが、思考力の質を考えてみるとちょっとおもしろい。両者の関係を〇型から☆型に適用できるか、つまり応用ということなのが、作図して考えてみる設定をしている。

Photo

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【06】雙葉の理科の考えるおもしろさ"

|

21世紀型私学人 勇敢に高邁な精神で未来を切り開くSGT(4)

★一般財団法人東京私立中学高等学校協会会長近藤彰郎先生は、20世紀末から急激に押し寄せるデフレ経済の荒波、加速度的に進む少子高齢化の波の難局を私学が乗り越えられるように尽力し続けている。

Dsc02102
★また、文科省による振り子のようにふれる教育行政の変更にも、≪私学の系譜≫独自の道を推奨し実践してきている。

続きを読む "21世紀型私学人 勇敢に高邁な精神で未来を切り開くSGT(4) "

|

2017年度東京・神奈川中学入試【05】かえつ有明 未来創造学校へ

★かえつ有明の教務統括部長の佐野先生から一報があった。2月1日の中学入試の思考力入試は前年対比105%。2科入試は横ばい。4科入試は微減。今のところ、全体としては、帰国生入試、思考力入試、AL思考力入試は順調だということだ。

Dsc09765

(佐野先生は学内に共感的コミュニケーションを浸透させる対話を欠かさない)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【05】かえつ有明 未来創造学校へ"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【04】麻布の入試問題 もちろん思考力全開問題

★2017年度の麻布の国語の素材文は、吉野万理子さんの「ロバのサイン会」から出題。野生のシカがナラコウエンのシカに交じって暮らせるかどうかの葛藤物語。シカの目から人間社会を描いているが、もちろん、このシカは擬人化されていて、社会の鉄鎖につながれる人間の生き方か、鉄鎖を打ち砕き自由な生き方を選ぶのか童話風に描かれている。

Azabukaito
(麻布の国語の解答欄。A3サイズ。例年通り、記述が多い。)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【04】麻布の入試問題 もちろん思考力全開問題"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【03】工学院 午後受験率99%!

★工学院の平方校長から連絡。午後入試は、1人欠席しただけで、受験率99%だったそうだ。

Dsc06926

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【03】工学院 午後受験率99%!"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【02】工学院 受験率100%!

★21世紀型私学人の1人工学院の太田先生から、本日2月1日の工学院の午前の入試は、受験率100%という報告が入った。これもまた重要な意味がある。

Dsc00043
(平方校長と太田教務主任の前に未来が開かれている)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【02】工学院 受験率100%!"

|

2017年度東京・神奈川中学入試【01】三田国際学園 知の分断線を払拭する

★2017年度東京・神奈川の中学入試の幕が開いた。今年もハイパー人気で、おそらく出願者総数は3,600名を超えるだろう。ただ増えているだけではない。インタークラスだけではなく、本科のクラスの出願者数が昨年よりも伸びているのだ。いったい、これは何を意味するのか?

Dsc01998
(大橋学園長の後ろ姿。ホスピタリティーのスーパーモデル)

続きを読む "2017年度東京・神奈川中学入試【01】三田国際学園 知の分断線を払拭する"

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »