« 2017年東大合格情報の季節【01】東大推薦入試合格数 | トップページ | 海城学園の思考力入試 リベラルアーツ型 »

なぜ海城学園が希望なのか。

☆海城学園の中学入試は、一般入試総数前年対比は92.0%、帰国生入試の方は102.8%。量的には安定的であるが、一般入試が微減、帰国生入試が微増という微細な差異が、中学入試の質的変容の未来を占う重要なポイントなのではないかと思う。

Dsc02524
(「SCHOOL vol.49」に掲載された記事から)

☆海城と言えば、ドラマ・エデュケーション(DE)。即興的にチームで演劇のシナリオをその場で造り、パフォーマンスをプレゼンする。それが高じて、プロの演出家や役者と現代版舞台劇「ジュリアス・シーザー」を演じてしまう。

(参考)DEにつては、おおたとしまささんの記事が詳しい→「東京の進学校「海城」が学ばせる究極の対応力 即興演劇の授業は何を狙いとしているのか」(東洋経済ONLINE2017年1月28日 おおたとしまさ :育児・教育ジャーナリスト) 

☆チームワークだ、リベラルアーツだ、世界に通じるジェントルマン教育だというのはわかるが、なぜそれが、コミュニケーション授業を中心に展開されるDEなのか。

☆そうかと思えば、理科で生物多様性の授業が、突然1年ちょっと前に国連で採択された「持続可能な社会を目指すグローバルゴールズ17」にジャンプする。もちろん、つながりはある。こんな縦横無尽な授業が有効なのか。

☆このようなダイナミックな知も心も身も活用する授業展開は、今トレンドの言葉で言えば、アクティブラーニングの手法を活用しているということだろう。

☆「中学入試市場」の世界では、この授業の重要性の理解は素直にできるが、塾歴社会の土台である「中学受験市場」では、理解不能というレッテルが貼られる。いや貼られてきた。

☆海城は、聖光と違って「東大依存型学校」ではないが、そうだと誤解されてもきた。何せ、海城の生徒は、東大にたくさん合格するものだから。

☆しかし、海城はグローバルシチズンとしてのリーダーを育成する学校である。デモクラシーがベースである。「東大依存型」というおよそ反民主主義的な隷属的表現はまったく思いも及ばないであろう。

☆ところが、東大依存型学校だと思いこんでいた生徒・保護者は、説明会でDEの動画を見て、話を聞いて、了解不能で、他を選択する。それが微減という結果をもたらしたのだろう。一方で、DEは、欧米のエスタブリッシュ私学では当たり前の手法だし、モンテッソーリやシュタイナーという教育だって、重要な教育の1つだと認識している。

Dsc02528
(写真は、同情報誌から)

☆世界標準の教育をやっているのだから、当然である。それで微増につながった。

☆そしてIBでも世界の名門私立学校でも、今やICTを活用して学ぶのは、ごく自然のことである。だから、海城でもiPadなど1人1台使える環境になっている。特に英語科の活用頻度は高いようだ。

☆ところが、ICTを使っていると私立学校は、大学合格実績がでないとか、受験勉強に不要だとか、とんでもない時代錯誤な認識をおもちの方々もいらっしゃる。驚きだ。

☆とにも、海城学園は、そのような時代を閉塞状況に陥らせるネガティブファンタジーには右顧左眄しない。している暇もない。疾風怒濤の変幻自在な世界の中に、普遍的な法則を見いだし、世界の問題を解決することに頭をフル回転させているからだ。

☆世界の問題は、民主主義的な教養を養うことによって、同時に、科学への広く深い探究活動によって創造的に解決される。

☆DEは、文系に進もうが理系に進もうが、この創造的問題解決能力をパワフルに進化させるプログラムである。創造性、問題発見、解決という3つの要素は、民主的なコラボレーションによって最適化される。

☆このような認識を海城の先生方全員が持てるのはなぜか?それは知というものを非常に尊敬しているからである。

☆どんなに忙しい最中でも、同校校長特別補佐の中田先生などは、知的な話題で夜を徹することも厭わない。中田先生に限らず、知的議論は大好きな先生ばかりだ。民主的な雰囲気の学校というのは、そういうことだ。

☆海城学園レベルの学校、たとえばいわゆる御三家なども、そういう優秀な教師はたくさんいる。しかし、権威主義か、個人主義か、自由主義かで、組織として民主的であろうとする強さは海城学園には勝てないかもしれない。

☆中学入試市場において、生徒の創造的才能が花開く環境と社会貢献の両立を果たしている民主的な学校への憧れはますます膨らんでいくことだろう。ただし、それと合格できるかどうかは、また別の問題で、海城学園に合格するのはなかなか難しい。

☆ではどうするか?同校と同じように21世紀型教育を先鋭的に行っていて、今合格できる学校を併願するのもアリである。三田国際学園のように、3年前とは比較にならないほど高嶺の花になってしまう学校もある。そういう学校は2018年以降どんどん生まれて来る。

☆少子高齢化の問題は、2018年から急激に進行するから、異次元の教育改革を行わなければサバイブできないからだ。知のノア船団を見つけよう。いったいどの船がそうなのか?海城をモデルとして照合するとわかりやすいのではないか

|

« 2017年東大合格情報の季節【01】東大推薦入試合格数 | トップページ | 海城学園の思考力入試 リベラルアーツ型 »

21世紀型教育」カテゴリの記事