« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2018年中学入試のベクトル【20】 4月実施「統一合判」志望校動向 注目女子選択校に変化あり!

☆「4月に実施した首都圏模試「統一合判」の志望校別度数分布表を眺めると、微増・微減で突出して増えているのは、今年も三田国際学園だけ。」と前回書いた。これは女子選択校にもあてはまるのだが、突出とまではいかないが、注目校に変化がみられる。

Dsc06781
(富士見丘のアカデミック基礎講座。昨年の中1の授業シーン)

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【20】 4月実施「統一合判」志望校動向 注目女子選択校に変化あり!"

|

2018年中学入試のベクトル【19】 4月実施「統一合判」志望校動向(男子)

4月実施した首都圏模試「統一合判」の志望校別度数分布表を眺めると、微増・微減で突出して増えているのは、今年も三田国際学園だけ。

☆中学入試にチャレンジする生徒が微増という現状だから、そうなのだろうが、どこの学校も教育の質に力をいれはじめているので、それで拮抗状態ないなっていると考えられなくもない。

Dsc09998
(今年度第1回21世紀型教育機構定例会は三田国際で開催。学園長大橋先生も熱く語った。)

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【19】 4月実施「統一合判」志望校動向(男子)"

|

なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (5)

☆E段階の対話思考からF段階の対話思考へのジャンプの意味は、意外にも壮大だったという話を前回したつもり。何せ、「思考コード」を教師と生徒と共有しながら、プロトタイプをつくってはリファインする作業が、学内全教員と全生徒との間で行われる。それはやがて、グローバルな領域でも可能になるというクリエイティブクラスの次元の話だったのだから。

Photo_5
Photo_3

続きを読む "なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (5) "

|

なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (4)

☆前回までは、対話思考E´の段階について語った。E段階の栄光とE´の麻布の話をしたのだから、もうそれで頂点に達したのではないか!そう思われる方もいるかもしれない。たしかに、そうなのだ。学歴階層構造社会の頂点にいるのだ。しかし、このよのなかには、超越論的世界がある。

HierarchyE

続きを読む "なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (4) "

|

2018年中学入試のベクトル【18】 麻布学園 vs 開成学園

☆麻布学園と開成学園の比較研究は、多くの方が行っているから、何をいまさらということなのだが、違う切り口がまだあるかもしれない。現象的には、両者の違いは、東大合格者数に如実に表れている。両者の共通点は、教師が若返っているということである。そこからアプローチしてみよう。

Photo
(左から、麻布創設者江原素六、開成初代校長高橋是清)

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【18】 麻布学園 vs 開成学園 "

|

2018年中学入試のベクトル【17】 成立の飛躍の理由

☆2007年前後から共学校化や中学校開設を果たした学校の中には、勢いのある学校が多いが、成立もまた、2010年に中学を開設して、7年で、急激に伸びた私立学校の1つ。東大合格者がでたり、難関大学にもたくさん合格者がでたということも一つの証しであるが、何より学内の雰囲気が常にチャレンジングで、協働的で、教職員と生徒との間の信頼関係が万全だ。

Seiritsu

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【17】 成立の飛躍の理由"

|

なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (3)

☆前回、栄光の新校舎の話から、E段階の対話思考について語ったが、麻布を例にとると、微妙に栄光と違うことがわかる。それは、栄光の場合は、シラバスを見える化していないが、麻布は見える化しているという点である。ただ、微妙というのは、いわゆる渋谷教育学園のシラバスのような形式で見える化されているわけではないので、差異に気づきにくいという点だ。

Photo_2

続きを読む "なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (3) "

|

なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (2)

☆今年3月、栄光学園は、70周年記念事業の一環として、新校舎を完成させた。首都圏模試センター北氏の論考「栄光学園の素晴らしい新校舎を見に行こう!」にそのコンセプトは詳しい。

EPhoto

続きを読む "なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (2)"

|

2018年中学入試のベクトル【16】 麻布の超体験授業

☆麻布の体験授業といえば、文化祭。だと思うだろう。普段の授業は見学することはかなわないし、説明会で体験授業など行うはずもない。がしかし、具体的な体験を超えて体験できる場所がある。

Photo

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【16】 麻布の超体験授業"

|

なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。

☆今「アクティブラーニング」だとか、「主体的・対話的で深い学び」という新しい授業が注目を浴びつつも、その批判や非難も多い。批判する人はそれはなんちゃってアクティブラーニングだとか、「深い学び」ではないとかいうことらしい。

☆非難する人は、そんなんでは大学合格実績はでないとかいうことが主要な理由らしい。

Photo_2

続きを読む "なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。"

|

2018年中学入試のベクトル【15】 成蹊理科の思考力型問題に本物教育のエッセンス。 

☆成蹊の教育と言えば、生徒は自然と対話し、社会と対話し、自らと対話し、その解きがたい問題の多様体が、世界の大きな痛みを生み出していることに気づく教育であり、それを創造的に問題解決する力を身に付けることができる本物の教育であると評判である。

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【15】 成蹊理科の思考力型問題に本物教育のエッセンス。  "

|

2018年中学入試のベクトル【14】 東京女子学園 進化急激 共学化の波を突き抜ける 女子校ルネサンス!

☆今、東京女子学園が急激に進化している。共学化の波を突き抜ける勢いだ。昨年、プロジェクトチームや有志が集まって、思考コードをPBL型授業をやりながら、試行錯誤して創りあげていた。

Tjg

(PBL型授業と思考コードと教師と生徒のコラボの実践が同校サイトに掲載された!)

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【14】 東京女子学園 進化急激 共学化の波を突き抜ける 女子校ルネサンス!"

|

21世紀型教育機構 今年度第1回定例会 三田国際で行われる

☆昨日、三田国際学園で、2017年度の21世紀型教育機構の第1回定例会が開催された。開催時間は放課後かなりたってからなのだが、校内には多く生徒がそれぞれの探究活動に目を輝かせていた。

Dsc09904

続きを読む "21世紀型教育機構 今年度第1回定例会 三田国際で行われる"

|

2018年中学入試のベクトル【13】 聖学院 入試改革 知の新システム

☆聖学院が、2018年中学入試改革を発表した。今回の入試改革は、ディプロマポリシー→カリキュラムポリシー→アドミッションポリシーとバックキャスティングの発想で、きっちりシステムが描かれている。

Img442Img439

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【13】 聖学院 入試改革 知の新システム"

|

問いの作り方【02】反転。すると問いのパターンが・・・♪

☆2017年東大推薦入試法学部のグループディスカッションの問いがおもしろい。「人口問題はいかなる意味で問題か」。なんて自己言及的で知恵の輪みたいな問いの作り方だろう。

Photo

続きを読む " 問いの作り方【02】反転。すると問いのパターンが・・・♪"

|

2018年中学入試のベクトル【12】 浅野 vs浅野 比較研究

☆浅野と比較すべき学校は浅野自身である。何を言い始めたのかと思われるかもしれない。たしかにそうであるが、神奈川所在地の浅野が東京寄りにあって、2月3日に入試をするというポジショニングが、高偏差値の生徒の足場になり、そうでない生徒の憧れの拠点になっている。

☆つまり、中学入試市場の行方を手中に収めている重要拠点校だからなのである。

Db

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【12】 浅野 vs浅野 比較研究 "

|

問いの作り方【01】条件という方法

☆「主体的・対話的で深い学び」あるいは「PBL」のような学びは、問いが重要だと言われる。なるほど、それはそうであるが、問いはどのようにつくれば、「主体的・対話的」になるのだろう。あるいはプロジェクト学習を行っていく世界が広がり深まっていくのだろう。

☆実は、それはあまり論じられてない事柄かもしれない。

Photo

続きを読む "問いの作り方【01】条件という方法"

|

2018年中学入試のベクトル【11】 JG vs 鴎友 比較研究

☆晶文社「2018中学受験案内」によると、女子学院と鴎友学園女子の志望者のプロテスタント系の併願校は、まずなんといってもお互いに併願校になっているケースが多い。そして、次に「頌栄」「東洋英和」という志向性も一致する。

Jgvs

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【11】 JG vs 鴎友 比較研究 "

|

イギリス new GCSE いよいよ始まる。

☆従来A~GのグレードだったイギリスのGCSEが、9段階になる。9がトップレベル2%くらい。2年間開発準備があって、今年の9月からスタートということのようだ。偏差値は欧米にはない。というのは、どうやら違う。使い方が違うだけで、統計学的な数字として活用されている。

Gcse
(イギリスのガバメントのデモンストレーション動画から。ベルカーブ。つまり偏差値ですね。)

続きを読む "イギリス new GCSE いよいよ始まる。"

|

2018年中学入試のベクトル【11】 城北vs巣鴨 比較研究

☆来春、巣鴨は中学入試日を変更する。今まで2月1日、2日の2回だったのが、4日に3回目を新設する。これは城北と同じ設定となる。両校が互いに意識しているかどうかはわからないが、学校選択者側は、入試日が同じだと気になるものだ。そこで、比較をしてみよう。

Vs

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【11】 城北vs巣鴨 比較研究"

|

伸びる学校には対話思考型教師がいる♪

☆今日も大阪の21世紀型教育改革校の授業をリサーチしに行ってきて、ものすごくハッピーな気持ちになった。ああ、やはりこういう学校にはいるのだ。「対話思考」ができる教師が!そう感じた。

Dsc09593

続きを読む "伸びる学校には対話思考型教師がいる♪"

|

2018年中学入試のベクトル【10】 東洋大学京北と女子学院

☆東洋大学京北と女子学院という比較が不思議な方もいるかもしれない。しかし、両校とも19世紀末、つまり明治の時代の初期の段階で創設された学校なのである。それぞれ紆余曲折しながら今日まで隆々と続いている。

Photo

続きを読む "2018年中学入試のベクトル【10】 東洋大学京北と女子学院 "

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(12)リフレクション

☆今日の保護者会は、清澄庭園隣接の中村中学校・高等学校でスピーチ。小6になって初めてこのような会に臨む保護者は、やはり真剣そのもの。短い時間で、何を共有したらよいのか、直前まで迷う。

Mailgoo

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて(12)リフレクション"

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(11)未来の学校を探そう

☆今世の中には、2020年大学入試改革やそれに伴う学習指導要領の改訂の話題があふれ出ている。玉石混交だし、反動的な話もある。しかし、いずれもまだまだ未来のゲートを開いてはいない。

☆遠く未来のゲートを眺めながら、喧々囂々やっているだけに見える。そういう騒ぎがあるのを知っておく必要はあるが、そこに留まっていると、子どもの未来は大変なことになる。あまり寄り道をしないで、さっさと未来のゲートを突破したい。先陣を切って突入を開始したのは、工学院大学附属中学校・高等学校かもしれない。

Gmr

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて(11)未来の学校を探そう "

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(10)レジュメ②

4)2018年の新たな動きの背景

① 2045年新しい社会、つまり、クリエイティブクラスが活躍する社会になるが、それを想定して2020年大学入試改革が策定されている。その改革が早まろうが遅れようが、変わらざるを得ない。その変化に対応するカリキュラムが、PBL、C1英語、ICT教育、リベラルアーツの現代化などの21世紀型教育。そして、アドミッションポリシーも、それを反映し、英語入試や思考力入試が増える。すべて有機的に連動している。

Photo_3

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて(10)レジュメ② "

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(9)レジュメ①

☆今回のテーマは、「多様化すた入試にチャンスを見出だす!~その背景」。「小6統一合判 中学入試レポートvol.1」をベースに、書かれていないところまで語る。

Img430

続きを読む " 4月16日首都圏模試保護者会に向けて(9)レジュメ①"

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(8)Beyond IBが可能な学校

☆単純に国際バカロレアの教育の質を超えるという意味でBeyond IBと言っているわけだが、日本の私立学校には、結構「Beyond IB 私学」になる可能性があるところが多い。

Photo_2
(香里ヌヴェール学院サイトでは、石川学院長が執筆するページもできる予定)

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて(8)Beyond IBが可能な学校 "

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(7)SGH校の意味 Beyond IBへの気づき

☆文科省が認定しているスーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校は、全国に123校ある。平成26年から指定校を認定している。また時同じくして、国際バカロレアの日本語DP(ディプロマ)の機会を文科省はつくることを宣言した。この意味は何だろう?言うまでもなく、やはり時同じくして文科省が議論し始めた2020年大学入試改革及びそれに伴う学習指導要領改訂のモデル校作りということ、これである。

SghSgh_2

続きを読む " 4月16日首都圏模試保護者会に向けて(7)SGH校の意味 Beyond IBへの気づき"

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(6)神奈川南部私学に21世紀型教育の風

今年5月19日(金)、神奈川南部の私立中学フェスタが開催される予定。フライヤーに掲載されている開催趣旨をみると、こうある。

「大きく変わりゆく世の中。次代を担う子どもたちに必要な力=「21世紀型の教育」とは?時代の先を見通して教育改革に取り組む私学の中高一貫校の「学び」に触れてみませんか。」

Img426

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて(6)神奈川南部私学に21世紀型教育の風"

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(5)八雲学園の第三の共学化戦略

☆共学化の大きな第一の波は、渋谷教育学園グループだった。教養と帰国生と東大がキーワード。多くのシングルスクールが御三家の教育に傾倒したように、その後の共学校は、しばらく渋谷教育学園グループをかなり意識しただろう。

☆共学化の第二の波は、広尾学園と三田国際学園。インターナショナルクラスや高度な理数系クラス。三田国際の成長速度が広尾以上なのは、プラスイマージョン教育とPBLの徹底がある。

Yakumo_2
ラウンドスクウエア加盟校になることの重要性は、まだ日本では知られていないが、IB加盟以上のインパクトにやがて気づくだろう。本物路線の八雲の共学化戦略に関心が高まるだろう)

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて(5)八雲学園の第三の共学化戦略"

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(4)2018年の新しい動き

☆例年ホンマノオトの前年対比は横ばい。2月に中学入試にチャレンジした生徒が各私立学校に入学するので、そのファミリーはホンマノオトを卒業する。その代わり新6年生のファミリーがアクセスするので、結果的に横ばいとなる。しかし、ここ数日アクセスが増えている感じがしたので、4月1日から12日までの訪問者数の前年対比を調べてみた。

Photo

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて(4)2018年の新しい動き"

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(3)晶文社「中学受験案内」画期的!

☆晶文社が「2018首都圏中学受験案内」を出版した。中学入試市場の21世紀型教育へのパラダイムシフトまで射程にとらえた今までにない画期的情報書籍。アプリも活用して、モバイル上で情報をゲットできる仕組みも心憎い。

Dsc09584

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて(3)晶文社「中学受験案内」画期的!"

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて(2)三田国際 難化

☆昨日夕刻、三田国際学園の学園長大橋先生を訪ねた。同校で、本年度の第1回21世紀型教育機構定例会が開催されるため、その打ち合わせがあったからだ。そのとき、職員室が新しくなったというので、大橋学園長が案内してくださった。そして驚いた。

Mita

続きを読む " 4月16日首都圏模試保護者会に向けて(2)三田国際 難化"

|

4月16日首都圏模試保護者会に向けて~洗足学園かフェリス女学院か?

☆首都圏模試センターが公開している4月の「2018年中学入試 予想偏差値一覧」によると、来春2月1日(木)の洗足学園とフェリス女学院の予想偏差値は両校とも73。

Img420
☆両校のサイトで発表されている2017年春の大学合格実績の比較表をつくると、以下のようになる。

Vs

続きを読む "4月16日首都圏模試保護者会に向けて~洗足学園かフェリス女学院か?"

|

かえつ有明 私学革命の先頭に立つ【02】 なぜ適性検査型ではなく思考力入試なのか。

☆新進気鋭の哲学者苫野一徳氏の「はじめての哲学的思考(2017年4月10日 ちくまプリマー新書)」を読んで、なるほどかえつ有明の先生方は、すでにこの段階の哲学的思考は超えていると確信。それゆえ、革命的な授業や学校運営ができるのだと改めて気づいた。

Img415

続きを読む "かえつ有明 私学革命の先頭に立つ【02】 なぜ適性検査型ではなく思考力入試なのか。"

|

かえつ有明 私学革命の先頭に立つ【01】

☆かえつ有明は、ついに私学革命ともいうべきパラダイムシフトの先頭に立った。システム思考もデザイン思考も超えて、パターンランゲージという実践知による学びをスタートさせる。もはや、ルーブリックも思考コードも不要という境地。

Dsc08690Img404

続きを読む "かえつ有明 私学革命の先頭に立つ【01】"

|

希望の私学「工学院」【04】 ザ・リフレクション CMS(カリキュラムマネジメントシステム)

高1のオリエンテーションの3日目最終日に、カリキュラムマネジメントシステムの一角が見えた。生徒が成長するとき、実は学びの環境もその都度変容している。

☆ただ、共に変容しているから、ジェット機に乗っているとき、乗客も飛行機の内側の環境も両方ともマッハの速度で飛んでいることなど気にも留めないのと同じ。

Dsc08617
(カリキュラムマネジメントシステム会議は、リーダー岡部先生、学年主任松山先生、教務主任奥津先生、教頭島田先生、株式会社メイツの副社長伊藤氏、本間教育研究所によるコラボレーションで行われている。)

続きを読む "希望の私学「工学院」【04】 ザ・リフレクション CMS(カリキュラムマネジメントシステム)"

|

希望の私学「工学院」【03】期待がかかる理由。 ハイブリッドインターナショナルコース IBからHBへ

☆2020年大学入試改革この話が2013年ころから急激に話題になり、今から3年前、つまり今の中3が中1に入学する時点で、彼らが卒業するときに直面する大学入試改革に対応するための改革が、多くの学校で行われた。

☆多くはアクティブラーニングを中心とする授業改革だったり、4技能英語に力を入れたりした。そんな中で工学院は、今の中3が中1のときから、順次授業改革、4技能英語へのシフトを大胆に行ってきた。しかし、最も力を入れたのは、グローバリゼーションの光と影の交差が生み出す予測不能な事態を乗り越える生徒のコンピテンシーの探索とそれを育成するカリキュラム改革だった。

Dsc08491
(高1オリエンに、マウント富士の中学のオリエンテーションから駆けつけたサインエンス担当の先生。ハイブリッドインターナショナルコースの科学は英語で行われる。学び方やカリキュラムシステムについて共有する時間となった)

続きを読む "希望の私学「工学院」【03】期待がかかる理由。 ハイブリッドインターナショナルコース IBからHBへ"

|

希望の私学「工学院」【02】期待がかかる理由。

☆工学院大学付属高等学校の高1のオリエンテーションは2日目に入った。1日目が、まずは自分を見つめ、仲間とつながる共感的コミュニケーションの状況を形成したのに対し、2日目は、一気にPlayful besed Learning、Passion based Learningにジャンプした。そして、自己認知を仲間と一緒にクリティカルシンキングを活用して深めている。

Dsc07357
(パフォーミングアーツプログラムは、オープンマインデドネスを一気呵成に開いた)

続きを読む "希望の私学「工学院」【02】期待がかかる理由。 "

|

希望の私学「工学院」【01】期待がかかる理由。

☆少子高齢化が進む日本。人口学的にかなりヤバい。成長神話が崩れたとはいえ、まだそれにすがっている学歴社会信奉者。東大にいけば、平均年収1500万円とか1600万円とかいう自己保存の法則で動く日本。優勝劣敗は明治政府の富国強兵・殖産興業の正当化論。今も脈々と続いている。それでいいのかと思いつつも、打つ手がない。

Photo
☆何せ、価値の転換を実現できなければ、どうしようもない。そんなビジョンやメンタルモデルを共有できるのはどこだろう。1人ひとり持ち場で奮起すればよいのだが、それはなかなか難しい。しかし、そんな中で、教育という場で価値の転換への強烈な意志を持って、立ち臨んでいるチームがある。それが工学院大学付属中学校・高等学校だ。

続きを読む "希望の私学「工学院」【01】期待がかかる理由。"

|

日経新聞 私立共学化 時代の要請と判断か

日本経済新聞(2017年4月4日)は、≪私立共学化 伝統校も 共働き増、変わる親の意識 「時代の要請」中高動く ≫という記事を掲載

Dsc01932
(2017年2月1日、三田国際の中学入試風景)

続きを読む "日経新聞 私立共学化 時代の要請と判断か"

|

クリエイティブクラス≪06≫ クリエイティブティーチャー

☆ある学校のクリエイティブな先生が、同業者(おそらく知り合いの教師だろう)に自身のアクティブラーニング型授業の動画を見せてモニタリングしたそうだ。

☆そのとき、「準備、大変そうですよね」と反応されて、悲しい気持ちになった、しかし、こういうこともあると覚悟して心機一転がんばろうと。

Photo_2
(ピーター・M・センゲ博士や中原淳教授の考え方を参考にした。輪ゴムを両手で引っ張ると、緊張感が伝わってくるが、それをクリエイティブテンションのメタファーとして活用。)

続きを読む "クリエイティブクラス≪06≫ クリエイティブティーチャー "

|

創造的思考の時代【02】ものづくりも医療もクリエイティブクラス育成

☆昨日4月3日のWBSでは、興味深いニュースが2つ放送された。一つは、千葉県成田市に38年ぶりに医学部を新設した国際医療福祉大の話題。入学式を中心に取材が行われていたが、重要なのは留学生の受け入れや学生の1年間海外経験。立命館アジア太平洋大学や国際教養大学の医学部版ということか。

Photo
(JASSOによる平成28年の調査報告尾による。)

続きを読む "創造的思考の時代【02】ものづくりも医療もクリエイティブクラス育成"

|

学校選択の指標を自ら創出する時代【02】私立女子中学校フェスタ 6000人が訪れる

昨日2日(日)、十文字中学校で開催された「私立中学校フェスタ」は大盛況だったという。6000人は訪れたのではないかと聞き及ぶ。生徒が主体のイベントで、生徒によるプレゼンテーション、座談会、アトラクションなどが目白押し。

☆学校選択者にとっては、生徒の素顔や活躍を見ることができるとあって、賑わったに違いない。

Photo_2

続きを読む "学校選択の指標を自ら創出する時代【02】私立女子中学校フェスタ 6000人が訪れる"

|

学校選択の指標を自ら創出する時代【01】組織を観察する 学習する学校か

☆学校の先生方の話を聞いたり、実際に対話をしてみると、その先生の背景に横たわっている組織観が見えてくる。パンフレットやサイトではそこは見えないが、教師は組織の一員であるから、組織のビジョンや考え方、価値意識が見え隠れする。学校説明会に足を運ぶ最大の理由はここにある。

Photo
(900字弱の大容量の本)

続きを読む "学校選択の指標を自ら創出する時代【01】組織を観察する 学習する学校か"

|

クリエイティブクラス≪05≫ 桐光の知 世界の痛みを引き受け数学的思考で新しい世界を開く

☆桐光の「大学訪問授業」という生徒が知の最前線に毎回立ち臨む授業は、今では説明するまでもないぐらい有名だ。そして、今回も、2016年4月から11月までに実施した20回分が本になった。タイトルは「高校生と考える人生のすてきな大問題」

Dsc06669Img396

続きを読む "クリエイティブクラス≪05≫ 桐光の知 世界の痛みを引き受け数学的思考で新しい世界を開く"

|

« 2017年3月 | トップページ