« 2018年中学入試のベクトル【31】 広がる21世紀型教育 もっと学習者中心主義を!という流れ | トップページ | 2018年中学入試のベクトル【33】 中学入試市場 思考論的転回へ »

2018年中学入試のベクトル【32】 麻布 希望の国のエクソダス。

☆麻布の図書館だより「衣錦尚絅(いきんしょうけい)」は、同校サイトで公開されている。2001年から公開されていて、毎月のように発行されている。このページは他校にはない超ユニークなページであることは間違いない。

☆圧倒的で圧巻なのはいうまでもないが、麻布の先生方の学問的な広さや深さ、また麻布の生徒がどのような教養を身に付けているのか、実によくわかる。

Photo_2

さっそく2017年の「衣錦尚絅(いきんしょうけい)№1」が公開されている。ベストリーディングランキングも発表されていて、1位に村上龍の「希望の国のエクソダス」が入っている。

☆1998年から2000年にかけて「文藝春秋」で連載されて単行本になったもの。当時も流行っていて、登場人物の生徒たちを麻布生にかぶらせて、同僚と21世紀型教育について議論したものだが、今また麻布で読まれているとは!

☆麻布の中で何かおもしろいことが起こっているのかもしれない。衣錦尚絅(いきんしょうけい)には、新着図書のリストがずらると並んでいるが、OBである「おおたとしまさ」さんが、ちゃんと寄贈しているところまでわかるのはさすがである。

2

|

« 2018年中学入試のベクトル【31】 広がる21世紀型教育 もっと学習者中心主義を!という流れ | トップページ | 2018年中学入試のベクトル【33】 中学入試市場 思考論的転回へ »

中学入試」カテゴリの記事