« 2018年中学入試のベクトル【39】近未来を牽引する芝浦工大 | トップページ | 21世紀型教育機構 新たな局面に進む。 »

海陽学園 教育の質の挑戦(1)

☆これからの学校は、教育の質の競争だと言われている。大学合格実績の競争ではなく、教育の質の競争?しかし、これはルビンの壺であり、本当に教育の質を豊かにしたら、大学合格実績は出ざるを得ない。どちらを「図」とするか「地」とするのかの違いに過ぎない。

Dsc02885
(中高6ヵ年の各学年ごとの授業の多様な差異について「校長勉強会」が行われたときの1シーン)

☆しかし、多くの場合、なぜかどちらか一方しか機能しない場合が多い。学校としての教育の質はなくても予備校的な授業で大学合格実績は出る。大学合格実績は出なくても、高級な教育はできる。もっとも高級か質かは全く違う。

☆大学合格実績か教育の質か?ほとんどの場合、本質的な議論ではなく、それぞれの立場の正当化の理屈を語っているだけで、目の前の生徒に何が重要であるかという立地から語っていない。

☆生徒一人ひとりは、それぞれ置かれている環境や条件が違う。そして彼ら自身の才能も個性も違う。そういう諸条件総体を関係づけながら、生徒一人ひとりの道をいっしょに考える。そして、いつかは、生徒が一人で歩いていく人生の別れのゲートにさしかかる。

☆その生徒一人ひとりの道のプロセスに大学というゲートがあれば、それをくぐりぬける環境を整え、戦略やスキルをいっしょにトレーニングする教師がいることが、教育の質を生み出す。やがては、そこから先は生徒は一人で道を進み、再び関門に直面した時、教師を思い出す。しかし、そのとき教師はそこにはいない。

☆だが、自分が信頼していた教師の精神の中に、関門を乗り越えるときのメンターとしての最適モデルを彼は知っている。身体の中にこびりついている。そう導くのが、教育の質だろう。

☆だから、関門を闇雲に潜り抜けるのではなく、自分の知っているメンターモデルに照合しながら、新たなメンターやコーチを探す。それは、友人であるかもしれないし、勇者であるかもしれないし、恋人であるかもしれないし、賢者であるかもしれない・・・。

☆しかし、彼らとの出会いは、響き合う魂があるからこそなのである。その響き合う魂こそが、中高時代に出会った信頼すべき教師の似姿であるメンターモデルであり、その存在を生み出す教育の質である。

☆そして、もちろん、自分にとって、そのようなメンターモデルとなる信頼すべき教師の中の教師との出会いはあまりに貴重であり、希少な存在なのである。

☆教育の質とは、最適で快適な教育の環境も、もちろん一つの条件であるが、何より、生徒が未来で関門を乗り越えようとするとき、自らを奮い立たせるメンターモデルとしての魂を伝授することである。

☆そして、その魂は、教師自身がメンターモデルと化して、遠く離れても自分の命つきたあとも、生徒一人ひとりの精神を支えるメンターモデルとしてあり続けることだろう。

☆もちろん、それゆえ、独りよがりな影響者であってはならない。より普遍的で独自であることが条件だ。

☆海陽学園の教師は、24時間体制で生徒と生活と勉学を共にしている。それゆえ、影響力という点で、他に類をみない教育環境なのである。

☆だからこそ、教師は自己陶冶する。己がメンターモデルとして守破離の境地を脱するほどでなければならないのだ。それぞれの専門分野を有しているという点で、独自性があり、しかし、未知なるものに出会ったときそれを探究する道として普遍的でより世界標準である必要がある。

☆専門分野の自己陶冶は、学問の継続で鍛錬できるが、探究する道については、今のところ中高領域の専門書がない。成功者の語録や人生観の書を参考にしながら、自ら構築しなければならない。

☆そんなときもっとも善き実践例は、同僚の学びのスキルや生徒と共有している実践的なスキルのシェアである。しかしながら、世の学校は、あまりに忙しすぎる。そんな時間がない。

☆ところが、海陽は、あえてその時間を設定している。毎月実施している校長勉強会もその一つである。大学の教授を呼んできて理論の講義があってもよいが、海陽学園のように、他校にない海陽学園の条件や環境でどんな実践が行われているのかリサーチし、共有するところから始めるのは、考えてみれば、学を行うものの王道ではないだろうか。学問の基礎である。

☆実践理論と一般理論の両方のすり合わせ。そこに独自性と普遍性の均衡点が見つかる可能性がある。もしどちらかしかなければ、教育の質は偏向性によってゆがめられるだろう。

☆海陽学園の校長勉強会に照らし合わせると、いかにゆがめられている教育の多いことか。教育の質のビジョンを教師同士、教師と生徒とがシェアできる学校が増えるには、海陽をモデルにするとよいのではいか。

|

« 2018年中学入試のベクトル【39】近未来を牽引する芝浦工大 | トップページ | 21世紀型教育機構 新たな局面に進む。 »

21世紀型教育」カテゴリの記事

コメント

Слыхали когда-нибудь о MMORPG онлайн-игре lineage 2? Хроники Interlude?
Если вы уже фанат этой игры, тогда быстрей заходите на проект moon-land.net ! Ну а если вы еще не играли в La2, но хотите попробовать - тогда тоже переходите!
[url=http://moon-land.net]Interlude PvP сервер lineage 2[/url]
скачать lineage
скачать lineage 2
lineage 2 interlude скачать торрент
lineage eternal twilight resistance
[url=http://moon-land.net/index.php?f=files]скачать lineage 2 Interlude[/url]
На нашем сайте можно скачать клиент Lineage 2 Interlude и патч для входа в игру.
Наш сервер Линейдж 2 PvP с дополнениями, что дает волю новым ощущениям. заходите к нам.

投稿: Moonnal | 2017年5月26日 (金) 11時00分

Achat Medicament En Suisse En ligne - Sans Ordonnance
[url=http://www.achaten-suisse.com/]More info...[/url]

投稿: BruceDEN | 2017年5月27日 (土) 18時35分

Original wrk
http://maturesex.sexblog.pw/?post.ansley
video pirno gratis best erotic novels erotic read writing erotic literature erotic yoga

投稿: vickieco4 | 2017年5月28日 (日) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467550/70674875

この記事へのトラックバック一覧です: 海陽学園 教育の質の挑戦(1):

« 2018年中学入試のベクトル【39】近未来を牽引する芝浦工大 | トップページ | 21世紀型教育機構 新たな局面に進む。 »