« 共学校か?女子校か?男子校か?(2) | トップページ | 【速報】三田国際 さらなる進化 入試改革そして高校新コース »

「ただ内省を通してのみ、私たちは歴史を変えることができる」ことを知っている学校を探し求めて。

ピーター・センゲの講演をボランティアで翻訳しているサイトがある。サイト名は「Learning Sandbox」。時々読んでは、勇気をもらう。私は、日々学校の先生方と学びについて、授業について、成長について、マインドセットやマインドフルネスについて対話している。もちろん、2020年大学入試改革や改訂学習指導要領について。あるいは若いアーティストとアートの可能性について。

Ls

☆今回も次のようなフレーズがでてくる講演録を読んだ。

深いレベルでの変化にとって大切なのは、いつも内省する力を育むことです。フンベルトが言う通り、「ただ内省を通してのみ、私たちは歴史を変えることができる」のですから。組織の変革について本当に知らなければならないことは、ただこれだけなのです。

All deep change is always about building a capacity for reflection because, as Humberto says, it is only through reflection that we change our history. That is like the only thing you need to know about organizational change.

☆「内省」という訳語しかないからしかたがないが、ともあれ「リフレクション」のことだ。対話とは、「リフレクションのループ」だと思っているが、事実の積み重ねしかできない教師に出会ったとき、なかなかたいへんだ。

☆ものすごくがんばっている。管理職からもだからかわいがられている。しかし、私から見ると、事実以外、つまり目に見えないものをそぎ落としている先生で、その教師はともかく、その周りの先生方が委縮しながら組織をつくっているのがとても気になる。

☆というのも、教育改革について相談されているときに、相談している当の本人が、リフレレクションのループがまどろっこしく、早く何をやればよいのか教えてくれと強く迫ってくる。

☆たいていの場合、そのような相談のときに、ピーター・センゲの話を試みる。なかなかわかってもらえないが、わかるまで待ってみる。そのまま二度と相談の声がかからない場合がほとんどだが。。。

☆本間さんみたいなことをやっていたのでは、大きく学校は変わらない。そんな目に見えないことをやっていて、生徒は集まらないとも言われる。

☆実際には、私も協力して成功している学校はたくさんあるのだが。。。

☆思考コードの対話をしていたとき、頭から否定された方々もたくさんいる。工学院の平方校長と平方校長に賛同するプロジェクトチームは、直感的に理解したし、首都圏模試センターの山下氏もそうだ。

☆そしてそれからというもの、彼らと何度も対話した。リフレクションに満ちた対話だ。そのような対話は、脳内神経伝達物質がたくさんでるから、実に楽しいのである。クリエイティブなのである。

☆「思考コード」は目に見えない生徒やもちろん教師の認知活動の地図である。地図の領域が狭いか広いかがリフレクションできるだけで相当対話は深まる。

☆対話が深まるということは、生徒にとっては20世紀型テストであろうと21世紀型テストであろうと学力はアップする。

☆リフレクションができる教師や生徒が増えれば増えるほど、その学校組織は活性化するし、教育を変える、つまり歴史を変えるソフトパワーが生まれる。今でいう教育イノベーション。

☆しかし、多くの場合、教育イノベーションを起こす新しいツールに興味と関心が移り、それがリフレクションのループから生まれて来ることを忘却しがちだ。もっとも、それは世の常でもあるが。

☆この間も、本間さんの砂に水を撒くようなやり方では、学校は変わらないよと言われた。あなたの学校は変わらないかもsれいないけれど、歴史は変わるかもしれないと思い切って言ってみたかたっが、意気地がなくて、そうですねと回答ておいた。

☆なんとなく心地よくなく、そんなときLearning Sandboxを見る。すると、マザー・テレサの次の言葉を引用している講演に遭遇した。

「偉大なことなんてできませんよ。大きな愛を込めて、小さなことをやるんです。それだけです。」

“You cannot do great things. You can only do small things with great love.”

☆まだまだ“great love”なんて持っていない。砂に水を撒くどころか、何もやっていないと同じではないか。こうして、またまた勇気をもらうのだ。

☆それに、今日は夕刻ある学校の8人の先生方とリフレクションループミーティング。朝は朝で、メールで数校の先生方と対話をした。勇気を奮い起こさないわけにはいかない。。。

|

« 共学校か?女子校か?男子校か?(2) | トップページ | 【速報】三田国際 さらなる進化 入試改革そして高校新コース »

21世紀型教育」カテゴリの記事