« 2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(07)人気校と突出校 | トップページ | 2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(09)恵泉の意味 »

2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(08)人気校と突出校

☆女子志望者人数の多い学校(各回入試の志望者数かつ前年対比増)ベスト20。

Photo_3Photo_4

(写真・図は日大二中サイトから)

共立女子2月1日入試 440名

香蘭女学校 430名

山脇学園A 327名

共立女子2月2日入試 299名

青山学院 279名

恵泉女学園A 257名

法政第二① 252名

山脇学園B 241名

昭和秀英②一般 230名

山脇学園C 217名

三輪田学園①AM 207名

広尾学園① 200名

日大二中① 199名

立教女学院 195名

日大二中② 195名

田園調布学園① 194名

富士見② 189名

獨協埼玉① 183名

跡見2月1日AM・Pクラス 181名

大妻② 180名

☆男子女子共に日大二中の人気はここ数年右肩上がり。芸術棟、理科棟などの施設があるくらい、アートやサイエンスに力を入れているということが伝わってくるし、米国の学校との国際交流や留学が中心で、プラグマティックな感性が伝わってくる。中学の数学が幾何に力をいれていていて、構造的な思考の土台ができる。

☆要するに、STEAM教育や英語4技能に力点が置かれていて、日大の中でも革新的な雰囲気が表現されているのだと思う。

☆人気校であり、突出校への期待がかかるわけだ。

☆さて、人気校ではないけれど、女子校で突出校になりうる学校は、富士見丘、東京女子学園、和洋九段女子。足を運んでみれば、英語4技能、PBL型授業、ICT教育が充実していて、今までの女子校とはまったく違う景色を見ることができる。

☆一方で、人間力を形成するリベラルアーツの現代化も充実。突出校を探している方には、フィールドワークをおススメしたい。

|

« 2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(07)人気校と突出校 | トップページ | 2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(09)恵泉の意味 »

21世紀型教育」カテゴリの記事