« アサンプション国際中高 生徒が生徒自身を考えるPBL型授業広がる | トップページ | 9・10首都圏模試センター「保護者会 in 聖学院(了) 真実の教育 »

9・10首都圏模試センター「保護者会 in 聖学院(2)

☆今回の聖学院での、パネルディスカッション型講演は、実は衝撃的だったのだ。学校の先生とパネル型の講演を行うという意味で、個人的に衝撃ではあったが、中学入試において衝撃的だったのだ。
 
Img_4823_x_2
 
☆さりげなく、女子聖学院と聖学院の両方の先生方がパネリストとして登壇していたのだが、実はこれが衝撃だったのだ。
 
☆今まで、両校は、それぞれ女子校、男子校という在り方を強調してきた。したがって、同一法人でありながら、文化祭の時ぐらいしか、両校の境目にあるゲイトは開かなかった。それが、最近、協働で教員研修は行うは、これからの両校の教育の在り方について、議論を深めるは、頻繁に交流しているというのだ。
 
☆それがあるからこそ、今回のようなイベントが成立したわけだ。
 
 
Dsc04927_2
 
☆パネル終了後、女子受験生のいる家庭は、上記写真のゲイトを通って、女子聖学院に移動した。
 
Dsc04844_2
 
☆いつもは閉じられていて、写真のように目立たない場所なのだが、今後は頻繁に開門されそうだ。
 
☆ゲイトが開いた写真は、両校が積極的に別学という在り方に一歩足を踏み入れたことを象徴しているのだろう。

|

« アサンプション国際中高 生徒が生徒自身を考えるPBL型授業広がる | トップページ | 9・10首都圏模試センター「保護者会 in 聖学院(了) 真実の教育 »

学校選択」カテゴリの記事