« 学校選択の目【39】 東京女子学園の全人全球教育の成果 | トップページ | 学校選択の目【41】工学院の教師力 学校選択の決め手は結局教師力(4) »

学校選択の目【40】 八雲学園の挑戦 ラウンドスクエア国際カンファレンス in ケープタウン

☆先月9月末、アフリカのケープタウンでラウンドスクエア国際カンファレンスウィークが開催された。ラウンドスクエア(Round Square)は、1966年に設立。50か国からイノベーティブな学校180校が参加しているグローバルなネットワーク。
 
☆経験ベースの学びと特色ある教育を創出する情熱を共有している。カンファレンスは、その情熱の魂を燃やして、なおいっそう絆を強める。八雲学園は、その加盟校である。
 
Image001
 
☆ラウンドスクエアのfacebookの表紙の写真は、先月行われたばかりの国際カンファレンスの集合写真。センターに位置しているのが八雲学園の生徒。
 
☆ラウンドスクエアが共有する情熱とは、ラウンドスクエアのフィロソフィーと呼ばれているIDEALS。Internationalism, Democracy, Environmentalism, Adventure Leadership and Serviceのことだが、今回この哲学を実行して多いに世界に貢献した学校として認められたジャカルタのイングリッシュスクールは、クルト・ハーン(ラウンド・スクエア創設者)賞を受賞した。
 
Roundsquare
 
 
☆高校生が“Indonesia Unfolded”というファンドコミュニティを学内に立ち上げ、移動眼科をサポートするボランティアを開始した。資金集めをして政府とも交渉した。貧しいインドネシアの地方を回り、白内障の人々を助ける。お金を助成するだけの支援ではなく、目を見えるようにすることによって、学校へ通えるようになったり、働くことができるようになったりするのである。
 
Yakumo
 
☆まさに、ラウンドスクエアのIDEALSを体現した活動。そして、日本の教育におけるボランティアとスケールが違う。八雲学園の生徒たちも、今までとは違うステージの活動を行うアイデアを出し合うようになるのである。
 
☆これぞグローバル教育と言わずして何と言おう。
 
Yakumo4
 
☆国際カンファレンスもまたIDEALSを体験するので、ディスカッション、スピーチ、パフォーマンス、アドベンチャー、ボランティアなどのアクティビティがプログラムに埋め込まれている。
 
Yakumo5
 
☆今回のカンファレンスに実際に参加した八雲生と今度インタビューする機会をもらったので、いずれ紹介したい。乞うご期待。

|

« 学校選択の目【39】 東京女子学園の全人全球教育の成果 | トップページ | 学校選択の目【41】工学院の教師力 学校選択の決め手は結局教師力(4) »

学校選択」カテゴリの記事