« 21世紀型教育機構 グローバル教育コミュニティへの準備(2) | トップページ | 21世紀型教育機構 グローバル教育コミュニティへの準備(3) »

【速報】海城 全日本高校模擬国連大会で最優秀賞

☆海城の7年前からのグローバル教育への大転換は、多くの成果を出し続けているが、今回もまたすばらしい結果を出した。全日本高校模擬国連大会において最優秀賞を受賞したのだ。同校サイトによると、
 
11月11日(土)・12日(日)に渡って第11回全日本高校模擬国連大会が渋谷の国連大学で開催され、全国から書類審査を通過した86チーム172名が出場しました。本校からメキシコ大使として出場した高2島村龍伍君、高1山田健人君が見事にA議場最優秀賞を獲得し、他の5校と共に来年5月にニューヨークで開催される国際大会へと駒を進めることになりました。
Photo_4

☆同校の特別校長補佐中田先生は、大学受験はもちろんだが、それをもっと超えて、海城の生徒のグローバルな世界で活躍する手ごたえを強く感じるということだ。

第11回模擬国連日本決勝大会結果をみると、

 

A議場 最優秀賞          海城

B議場 最優秀賞          桐蔭

A議場 優秀賞           渋渋、鳥取西

B議場 優秀賞           頌栄、浅野

A議場 ベストポジションペーパー賞 西大和

B議場 同上            渋谷幕張

 

☆最優秀賞と優秀賞の6校が来年5月にNYで開催される国際大会に出場する。

 

☆それにしても、入賞した学校をみると錚々たる顔ぶれ。その中での最優秀賞。この歴史的な意味は、海城が、新しい時代を拓くという確信ということだろう。

|

« 21世紀型教育機構 グローバル教育コミュニティへの準備(2) | トップページ | 21世紀型教育機構 グローバル教育コミュニティへの準備(3) »

中学入試」カテゴリの記事