« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

思考コードとeポートフォリオのルーブリックは似て非なるもの

☆昨日は、「第1回21世紀型教育機構千葉カンファレンス」を開催し、多くの見識者とお会いできた。そして、懇談会、その後の会と進むにつれ、さらに議論が深まった。
 
Dsc01141
 

続きを読む "思考コードとeポートフォリオのルーブリックは似て非なるもの"

|

教育の第5の波 新しい私学人誕生の予兆

☆2018年から教育の第5の波がウネリ出す。2017年は、本物21世紀型教育校によるC1英語×PIL・PBL×ICTの完成だった。いよいよ、2018年は、C1英語×PIL・PBL×ICT×現代化リベラルアーツの時代=グローバル21世紀型教育の時代がやってくる。
 
5
 

続きを読む "教育の第5の波 新しい私学人誕生の予兆"

|

國學院大學久我山 次のステージへ(3) アダプティブリーダーシップ

 
「今井寛人校長は、30年以上も前から、数学の教師ということもあって、多様なデータを駆使しながら経験を重ね合わせて、そのズレを見出し、それは一体何か追究してきた。そのプロセスの中で、判断力をトレーニングしてきただろうし、その長い経験が、学校や社会が動く納得のいく決断を行ってくることができた。」
 
Dsc00774
 

続きを読む "國學院大學久我山 次のステージへ(3) アダプティブリーダーシップ"

|

21世紀型教育機構 定例会 グローバル高大接続準備教育&アクレディテーション

☆昨日12月14日(木)、八雲学園で、21世紀型教育機構の定例会が行われた。今年を振り返り、2018年への想いと活動計画を加盟校でシェアする会。
 
Dsc01017_2
 
 

続きを読む "21世紀型教育機構 定例会 グローバル高大接続準備教育&アクレディテーション"

|

三田国際ミーティング 教育の第5の波 前夜 

☆昨夜12日、12月17日(日)開催予定の「第1回21世紀型教育機構千葉カンファレンス」直前、三田国際学園で、大橋学園長と田中教頭と最終ミーティングを行った。
 
Dsc00981
 

続きを読む "三田国際ミーティング 教育の第5の波 前夜 "

|

工学院 大クリスマスパーティー

☆本日定期テスト終了!工学院の中学生全員が、ラウンジに大集合。大クリスマスパーティーが始まった。
 
Dsc00864

続きを読む "工学院 大クリスマスパーティー"

|

國學院大學久我山 次のステージへ(2)

☆私立学校の学校経営と教育の質は、校長の意思決定力と組織マネジメント力にかかっていることは言うまでもない。國學院久我山の今井寛人校長も、その両側面で強力な統合的なリーダーシップを発揮している有数の校長だ。
 
☆名校長とは、その判断力の基準をきちんと有しているものであるが、その基準の形成には残念ながらマニュアルがない。極めてち密でときにしてダイナミックに変容し、それでいて普遍的なのであるから、まるで量子力学的な概念である。
 
Dsc00741
 

続きを読む "國學院大學久我山 次のステージへ(2) "

|

國學院大學久我山 次のステージへ(1)

☆来春から、國學院大學久我山(以降「國學院久我山」と表記)は、女子部のクラス編成をSTクラスとCCクラスとする。今までの一般クラスのカリキュラムを新しいグローバル教育の内容に転換するので、名前も「CCクラス(Cultural Communication Class)」と変更するようだ。
 
☆CCクラスの新設は、STクラスが開設されて10年目を迎える節目であるから、次のステージへ新たな出発をする意味が込められているのかと思っていたが、どうやらそんな単純なものではないようだ。國學院久我山学校長の今井寛人先生にインタビューする機会を頂いた。
 
Dsc00782
 

続きを読む "國學院大學久我山 次のステージへ(1)"

|

和洋九段女子の教育の挑戦!学内に新風巻き起こす!

☆和洋九段女子は、今春から21世紀型教育へ転換し、新しい教育に、教師と生徒が一丸と挑戦している。英語4技能環境の充実、全教科でのPBL(アクティブラーニングと呼ばれることもある)型授業の展開、1人1台のタブレットの導入が、その象徴的な取り組み。
 
☆その取り組みは、もちろん、2020年大学入試や政財官学からの新しいキャリアデザインの要請に対応するものでもあるが、英語力と論理的・批判的・創造的思考という高次思考力、正解が1つではない未知の問題への挑戦する意欲は、何よりも自分の個性と他者の個性の両方を尊重しながら、社会に役立つ自分の生き方を豊かにしていくコンピテンシーの育成そのものであることは言うまでもない。
 
Photo
 

続きを読む "和洋九段女子の教育の挑戦!学内に新風巻き起こす!"

|

スタート模試保護者会で(1) 学校選択の視点

☆12月10日(日)、スタート模試が各塾で開催。私は、学校会場である東京女子学園でスピーチ。2020年大学入試改革のことについて、まず基本的な話をするが、キャリアデザインの価値観が変わることを確認したい。
 
☆当日お会いする保護者の方の多くは、おそらく1986年のころ思春期を通過しているだろうから、まだ今までのキャリアデザインの感覚を持ちつつも、同時に、変化の真っただ中でライフデザインを創意工夫して描いている方々だろうからだ。
 
Photo_2
 
(模擬試験の構成が、2020年大学入試問題を考える大きなヒントになっている。)

続きを読む "スタート模試保護者会で(1) 学校選択の視点"

|

品川女子学院 キャリアデザインのDNA

☆生産年齢人口が激減する時代を迎えている。15歳から65歳がその生産年齢人口に相当する。したがって、中高一貫校の教育には、キャリアデザイン教育があるわけだ。しかし、私立学校のキャリアデザイン教育はほぼ進学指導と同意であるというのが現状であろう。
 
☆そんな中で、品川女子学院は、90年以上も前からキャリアデザイン教育を根付かせ、社会の変化に合わせてライフデザイン教育を進化させてきた。そのことが、首都圏模試センターの記事「品川女子学院2017~90年以上受け継がれてきた品女DNAが国際社会で輝きを放つ」に詳細に記述されている。参考になる。
 
 
Photo
 

続きを読む "品川女子学院 キャリアデザインのDNA"

|

キャリアデザインとしての学校選択

☆私立中高一貫校の選択は、キャリアデザインという視角からみれば、2タイプがある。多くの中高で、キャリアデザインとかキャリアガイダンスとか行われているが、生徒が将来「人材市場」に立ち臨むという観点はあまり前面にでてこない。これも、教育タブーの1つである。
 
Photo

続きを読む "キャリアデザインとしての学校選択"

|

聖学院 静岡聖光学院 人気!

☆12月1日から4日までのホンマノオトのアクセスランキングをみて、驚いた。聖学院の記事が2つ、静岡聖光学院の記事が1つ、10位以内に入っている。
 
1:2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(3)
2:2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(4)
3:大妻中野のさらなる進化!
4:2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(2)
5:2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(1)
6:聖学院 人気の理由は生徒1人ひとりのリーダーシップ
7:思考コードとスキル思考とパターン思考とショートカット
8:静岡聖光学院 静岡を世界のモデルにする動きを牽引し始める。
9:聖学院の授業の根っこ メタルーブリックの新存在論
10:文科省はなぜブルームのタキソノミーの活用を明言しないのか?
Img054
 
 

続きを読む "聖学院 静岡聖光学院 人気!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川一郎先生と教育の第5の波について対話する。

☆石川一郎先生(香里ヌヴェール学院長)とは、いつも大阪や京都あたりですれ違ってばかりだったが、昨夜は、久しぶりにゆっくり対話をすることができた。12月17日(日)の今年最後の21世紀型教育機構カンファレンスで何を語るか、ブレスト。
 
Dsc00377
 
(香里ヌヴェール学院小学校の研究授業で)
 

続きを読む "石川一郎先生と教育の第5の波について対話する。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思考コードとスキル思考とパターン思考とショートカット

☆昨日、首都圏模試センター「統一合判」同時開催の保護者会でスピーチをしたが、2018年入試最終保護者会ということもあって、過去問の取り組みについて再確認した。その際、思考コードと思考スキルの話をした。
 
Photo

続きを読む "思考コードとスキル思考とパターン思考とショートカット"

|

大妻中野のさらなる進化!

☆本日首都圏模試センター「統一合判」の会場の1つ大妻中野でスピーチをさせていただいた。同校の校長宮澤先生も、学校の教育について語られたので、改めて同校の教育について聴くことができた。
 
Dsc00388

続きを読む "大妻中野のさらなる進化!"

|

2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(4)

☆最後に、おそらくまだまだ多くの人が気づいていない話をしたい。これは保護者会では話す時間がないから、補説としてメモしておきたい。
 
☆今日本の教育は、ほとんどが欧米の教育の輸入をしている。政治経済の領域では、果たして先進的な国なのかどか何で判断するかわからないが、一応その仲間に入れられている。
 
Dsc07336
 
(工学院の高1のハイブリッドインタークラス。オールイングリッシュで「哲学授業」)
 

続きを読む " 2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(4) "

|

2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(3)

13

 

続きを読む "2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(3)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(2)

6

 

続きを読む "2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(2)"

|

2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(1)

1

 

続きを読む "2017年12月3日首都圏模試「統一合判」レジュメ in 大妻中野(1)"

|

2017年11月ホンマノオト「アクセスランキング」ベスト50

1:11月3日首都圏模試「統一合判」人気の男子志望校
2:【徒然】洗足と鴎友、桜蔭、フェリス、筑駒、開成、麻布、武蔵、工学院
3:11月3日首都圏模試「統一合判」人気の女子志望校
4:11月3日首都圏模試センター「統一合判」保護者会資料 in 和洋九段女子...
5:【メモ】なぜ新入試か?学習する組織ベースの私立中高一貫校を探せ!
6:【速報】海城 全日本高校模擬国連大会で最優秀賞
7:【メモ】これからの私立中高一貫校の在り方と教育の質
8:画竜点睛を欠かない学校選択 パラドクスを生む教育タブーのある学校は避ける...
9:三田国際 異次元の授業革命
10:21世紀型教育機構 グローバル教育コミュニティへの準備(3)

続きを読む "2017年11月ホンマノオト「アクセスランキング」ベスト50"

|

« 2017年11月 | トップページ