« 【イベント】第26回「学校を知ろう」(2) | トップページ | 【イベント】第26回「学校を知ろう」(了) »

【イベント】第26回「学校を知ろう」(3)

★第1部の各学校1分間アピールは、何を前面にだすのか、あるいは何で第2部の個別相談に誘うのか、そのメッセージの創意工夫がおもしろかった。いくつかご紹介したい。
★静岡の星陵は、「美育」という言葉を掲げた。静岡理工科大学の系列校であるから、STEAM教育や21世紀型教育の文脈があるのだろう。第2部の個別相談のブースには、“解”なき時代というフレーズが掲げられていたところからもそう推察できる。
Photo
★聖園女学院と函嶺白百合は、教師と生徒、生徒と生徒などの関係のよさをアピールした。その結果聖園は南山大学との連携校ということもあり、大学合格実績もよいということ、函嶺白百合も、上智大をはじめ、少人数がゆえに、率でいくとかなり大学合格実績もよいことをアピールしていた。
Photo_2
Dsc07699
★聖園女学院には、鳩先生が、函嶺白百合には、柳先生が応援にきていた。なるほど温かい人の気持ちを大切にする学校づくりがなされていることがじわっと伝わってきた。
Dsc07836
★両校のブースには、在校生も応援にかけつけた。静岡県内から両校に通う生徒がいるからであろう。
Dsc07841
★ハートフルな絆の存在の証明があった。

|

« 【イベント】第26回「学校を知ろう」(2) | トップページ | 【イベント】第26回「学校を知ろう」(了) »

中学入試」カテゴリの記事