« 2019年中学入試の新フレーム(121) アラフォー世代の保護者の私学選択意識の変化 | トップページ | 2019年中学入試の新フレーム(122) 順天 突き抜ける教育運動体 »

【お知らせ】 工学院の説明会日程 貴重な体験授業を有効活用しよう。

工学院大学附属中学校の説明会日程が同校サイトに掲載されている。思考力セミナーや体験授業を5回受けられる機会がある。
Photo_3
★工学院の生徒は、どのコースも特徴があり、生徒1人ひとりの才能が開花している。才能が湧き出してくるには、自由な学びの空間、対話の空間、制作できる空間、ICTの充実、C1言語が育つあらゆる言語環境の有機的結合がポイント。
Img145
★その有機的結合の格子が、ふだんの授業。多様な授業の格子がフラクタルなPBL有機体を育成している。
Img144
★まずは、体験してみることが一番。八王子エリアの学校群は、今新しい教育に向けて大きく舵を切っているが、その先頭を行くのが工学院である。
★保護者の次の視点をすべてクリアできるだろう。ぜひ確かめに足を運んではいかがだろうか?
①世界最先端の教育の内容が実施されているか?
②組織は硬直化していないか?道具は流行り廃りがあるので、道具化させてわかりやすくしようとしているその根っこの教養や思考力、発想力を言語と数学で学ぶことができるか?
③安心感共感が広がる創発的な対話が浸透しているか?
④教師が挑戦者であるか?
➄生徒が生き生きさせられているのではなく、生き生きしているか?
★21世紀は、生徒の時代である。工学院は、未来に大きく羽ばたける知の足場づくりがなされている学校のロールモデルなのである。

|

« 2019年中学入試の新フレーム(121) アラフォー世代の保護者の私学選択意識の変化 | トップページ | 2019年中学入試の新フレーム(122) 順天 突き抜ける教育運動体 »

中学入試」カテゴリの記事